堀田茜が告白…主演映画で“コスプレ監禁”シーン

モデルで女優の堀田茜(26)が4月29日、都内で行われた映画『ダウト―嘘つきオトコは誰?―』(永江二朗監督、2019年秋公開予定)の制作発表イベントに登場した。同映画は350万ダウンロードを超える大ヒット恋愛アプリゲームが原作。

“ダウトポーズ”をする堀田茜(左)と稲葉友【写真:編集部】
“ダウトポーズ”をする堀田茜(左)と稲葉友【写真:編集部】

映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』制作発表イベント

 モデルで女優の堀田茜(26)が4月29日、都内で行われた映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』(永江二朗監督、2019年秋公開予定)の制作発表イベントに登場した。同映画は350万ダウンロードを超える大ヒット恋愛アプリゲームが原作。婚活パーティーに出かけたヒロインが、会場にいるハイスペックな男たちの嘘を見抜きながら、真実の愛をつかむという恋愛ミステリーだ。

 ヒロイン役の堀田は、今回が映画初主演。撮影で一番印象に残っていることを聞かれると、「コスプレをしながら監禁される」シーンと告白。撮影は過酷な時もあったようで、「長時間、水に濡れながら耐えるシーンもあり、耳にも鼻にも水が入ってきた。体を張ったシーンも多かったです」と振り返った。嘘を見抜くことについては、「今回の役はすごく勉強になった。本人のちょっとしたくせとか、嘘をつくときのしぐさとか、目線とか。嘘を見抜く腕が上がったと思います」と語った。

 この日、一緒に登場した俳優の稲葉友(26)は「ヒロインを惑わす男」と紹介されると、「いい響きですね」と照れ笑い。堀田の演技については「完璧でした」と振り返り、「10人の男が寄ってきてしまう魅力を体現していた。凛として美しかったです」と絶賛していた。

(ENCOUNT編集部)