狩野英孝、40歳超えて健康第一に 芸人との飲み会も話題は「人間ドックとか保険の話」

お笑い芸人の狩野英孝が24日、都内で行われた映画『バイオハザード:デスアイランド』(7月7日公開)の公開直前スペシャルイベントに俳優の城田優とともに登壇した。

イベントに登場した狩野英孝【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した狩野英孝【写真:ENCOUNT編集部】

城田優も苦笑い「ガチじゃないですか」

 お笑い芸人の狩野英孝が24日、都内で行われた映画『バイオハザード:デスアイランド』(7月7日公開)の公開直前スペシャルイベントに俳優の城田優とともに登壇した。

 本作はシリーズ累計出荷本数1億3000万本超のサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』を原作としたCG長編映画。かつて刑務所として使用されていた監獄島・アルカトラズを舞台とした物語が展開される。

『バイオハザード』シリーズのファンで、自身のYouTubeチャンネルでも実況動画を配信し、人気を集めている狩野。「ずっと映画もゲームも好き。そこに携われてめちゃくちゃうれしいですね」とイベント出席を喜んだが、「生配信では大体チャットで怒られながらやっているんです。だから、素晴らしいイベントに呼んでもらって怒られないかな……」とビクビクしていた。

 映画公開日が七夕とあって、「何か一つ願いごとがかなうなら?」と聞かれると、狩野は「昔だったら映画出たいとか、海外で何かしたいとか、レギュラー何本ほしいとかあるけど、この年になると“健康でいたい”」とボケなしで回答した。

 城田が「ガチじゃないですか……」と苦笑すると、狩野は続けて「芸人とご飯食べても昔はギラギラした話をするけど、最近は人間ドックや保険の話とか、『腸にはビオフェルミンがいいよ』とか話している。40歳を超えて全力疾走が怖い。だから健康でいたい!」と切実だった。

 イベントには羽住英一郎監督も参加した。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください