桂文珍が国立劇場で“前代未聞”20日間独演会 桂文枝ら超豪華ゲストも登場

落語家の桂文珍(70)が9日、都内で会見し、芸歴50周年を記念し、国立劇場で20日間独演会を開催すると発表した。期間は2020年2月28日~3月8日と、3月15日~24日。

ハプニングにも動じず独演会をPR
ハプニングにも動じず独演会をPR

芸歴50周年の来年に大舞台…会見では台風で豪華セットが届かないハプニングも

 落語家の桂文珍(70)が9日、都内で会見し、芸歴50周年を記念し、国立劇場で20日間独演会を開催すると発表した。期間は2020年2月28日~3月8日と、3月15日~24日。

 自作の新作落語「ヘイ・マスター」「老婆の休日」や古典落語「愛宕山」「百年目」など珠玉のネタ全40演目を披露するほか、兄弟子の桂文枝や落語協会会長の柳亭市馬、落語芸術協会会長の春風亭昇太など総勢20人の豪華ゲストも日替わりで登場する。

 文珍は2010年に同会場で10日間の独演会を成功させたが、今回はそれを上回る規模の大舞台となる。この日の会見では、台風15号の影響で豪華セットが会見場に届かないハプニングも。それでも「台風のほうは大丈夫でございましたか? 随分お待たせ致しました」と報道陣を気遣うと、「私が桂“コンプライアンス”文珍でございます」とさっそく吉本の闇営業問題を笑いに変えた。

「ちょうど満50年に2020年になる。以前、10年前に10日間やらせていただいて、大変楽しかったので、夢のようなことを、と思っていた。それが可能になりまして、大変喜んでおります」と意気込んだ。

プロジェクターを使って演目を説明した
プロジェクターを使って演目を説明した

五輪イヤーに「おしゃべりのアスリートとして、話芸を楽しんでいただきたい」

 用意したネタは鉄板ネタばかり。「2020年はオリンピック、パラリンピックの年でもある。おしゃべりのアスリートとして、話芸を楽しんでいただきたい。落語の面白さ、楽しさを共有させていただくとありがたい」と、落語の金メダルを目指すつもりだ。

 豪華セットが届かず、急遽、プロジェクターを使った会見となったが、へこむ様子は見られない。ネタには闇営業から7月に亡くなったジャニー喜多川さんまで盛り込んでいることを示唆し、「上方らしい話をどどーんとやってみようと思っています」と力を込めた。

 芸歴50年の節目も、まだまだ血気盛ん。「一つの区切り」と言いつつも「箱根駅伝のちょうど折り返し地点に入ったのかな」と話した。「1600人ほどの会場。10日間やりました時は、連日大入り満員で、ありがたいことだった。今回は20日間、3万2000人を動員しなければなりません。これはかなり力がいること。なんとか乗り越えていきたい」と前代未聞の挑戦に覚悟を決めた。

(ENCOUNT編集部)