【どうする家康】日向亘が初大河で真田信繁役「プレッシャーすらも楽しみたい」

NHKは16日、松本潤が主人公の徳川家康を演じる大河ドラマ『どうする家康』(日曜午後8時)の新たな出演者を発表し、俳優・日向亘が真田信繁を演じるとした。日向は大河ドラマ初出演。

真田信繁を演じる日向亘【写真:(C)NHK】
真田信繁を演じる日向亘【写真:(C)NHK】

乱世の終わりとともに散った真田昌幸の次男・真田信繁

 NHKは16日、松本潤が主人公の徳川家康を演じる大河ドラマ『どうする家康』(日曜午後8時)の新たな出演者を発表し、俳優・日向亘が真田信繁を演じるとした。日向は大河ドラマ初出演。

 演じる真田信繁は、真田昌幸の次男。父から不屈の精神を受け継ぎ、類まれなる知略、武力を駆使して、勇敢にも小国・真田の「義」を守り続ける。上田合戦、大坂の陣と最後まで家康の天下取りに抵抗する。

 日向は演じる人物の印象をコメント。

「家康を最後まで追い詰める戦国最後のヒーローと言い伝えられている人物であり、戦国の歴史のなかでも数々の伝説を残した誰もが知る武将を演じさせていただくということで、プレッシャーや責任はとても感じていますが、そのプレッシャーすらも楽しみたいと思えるほど、これから貴重で素敵な経験が待っているのだろうと思うと今からとてもワクワクしております。信繁の義理堅く勇猛な武将というイメージを根底に、自分なりの真田信繁を最大限に表現していきたいと思います」

 大河ドラマ初出演の思いも紹介。

「どうする家康は一視聴者として毎週楽しませていただいていたので、出演が決まったという話を突如大量の台本とともに頂いたときはびっくりしました。ふたを開けてみれば真田信繁役をさせていただけるということで、正直いまだに実感はありませんが、この仕事を始めてからずっと目標の1つとして掲げていた大河ドラマへの出演を『どうする家康』で果たすことができてとてもうれしく思います。時代劇で憧れていた甲冑や兜を着てのお芝居やアクションは今からとても楽しみです」

 ここまでの『どうする家康』を見ての感想も紹介。

「徳川家康の半生を新たな視点で描く今作では、歴史の授業や教科書では学べない、家康の葛藤や思い、人柄が丁寧かつ鮮明に描かれているなと感じました。家臣たちとのハイテンポでクスッとなる会話劇や、尊氏や信玄との手に汗握る攻防戦は視聴者を戦国の時代に引き込んでしまうほどスリリングで大きなスケールを感じ、毎週本当に楽しませていただいています」



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください