へずまりゅう「一から社会やり直してこい」 ドタキャンへの苦言に「偉そうに言うな」の声

元迷惑系YouTuberのへずまりゅうが12日、自身のツイッターを更新。YouTuberに関する持論がさまざまな反響を集めている。

へずまりゅう【写真:ENCOUNT編集部】
へずまりゅう【写真:ENCOUNT編集部】

「とある有名YouTuberと縁を切りました」と報告

 元迷惑系YouTuberのへずまりゅうが12日、自身のツイッターを更新。YouTuberに関する持論がさまざまな反響を集めている。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 へずまは「ご報告」として、「とある有名YouTuberと縁を切りました」と投稿。「理由は数ヶ月前から約束していたのに嘘をついてドタキャンしたからです」と説明し、次のように続けた。

「一般人のみなさん特に案件とか考えている人など。YouTuberは社会不適合者の集まりです。基本的に自分一番でフォロワーが多い奴が威張ります。一から社会やり直してこい」

 自らも“迷惑系”として炎上した過去を持つへずまの言葉に、フォロワーからは「YouTuberに社会不適合者が一定数居るのは理解できる」「ドタキャンとか無理だね」と共感する声のほか、「これブーメランだから面白い」「偉そうに言うなて」と指摘するコメントも。

 これを受け、へずまは「うーん。俺はドタキャンしないし集合の30分前から待機してるよ。俺みたいに見た目社会不適合者よりも案外クリーンなYouTuberほどルーズな奴が多い世界なんだよ。昔からレスリングやってて当たり前の常識は身につけさせてもらえて良かったと思ってる」と、自身の“潔白”をアピールしていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください