黒谷友香が原宿警察署の痴漢対策アドバイザー 警視庁防犯アプリ紹介し「被害なくして」

俳優の黒谷友香が警視庁・原宿警察署の痴漢対策アドバイザーに就任し、12日、東京・JR原宿駅で行われた「JR原宿駅痴漢事犯対策キャンペーン」に出席した。

原宿警察署の痴漢対策アドバイザーに就任した黒谷友香
原宿警察署の痴漢対策アドバイザーに就任した黒谷友香

「JR原宿駅痴漢事犯対策キャンペーン」に出席

 俳優の黒谷友香が警視庁・原宿警察署の痴漢対策アドバイザーに就任し、12日、東京・JR原宿駅で行われた「JR原宿駅痴漢事犯対策キャンペーン」に出席した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同キャンペーンは、痴漢対策強化期間に伴い原宿警察署が鉄道事業者と連携し、若い女性客が多い原宿駅でのキャンペーンを通して、被害者が勇気をもって助けを求めるほか、被害に気付いた周りの人が被害者に手を差し伸べる機運を高めることを目的としている。

 黒谷は、原宿警察署の岡崎聖署長から原宿警察署痴漢対策アドバイザーを委嘱されると、防犯ブザーなどの痴漢撃退機能がある警視庁防犯アプリ「Digi Police (デジポリス)」の実演をまじえながらキャンペーンを実施。Digi Policeを「なかなか声を出すのは難しい場合もあると思います、そこを一歩後押ししてくれるアプリです」と紹介し、「ぜひ活用していただき被害をなくしていきましょう」と語った。

 実際にアプリを使用した感想には「夜道などを1人で歩く際にはブザーを鳴らせるようにしておくだけで、とても安心材料になります」と紹介。さらに「周りの人の助けも必要なので、もし現場に遭遇した場合には、勇気をもってアプリを活用したり、お声掛けをしていただくことをお願いできれば」とあらためて呼びかけていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください