ドン・キホーテが初の音楽レーベル 7人組バンド「ウルトラ寿司ふぁいやー」メジャーデビュー

総合ディスカウントストアのドン・キホーテが初の音楽レーベルとして、7人組エンターテインメントバンド・ウルトラ寿司ふぁいやーと共同レーベル「ドレコード」を立ち上げ、メジャーデビューすることが7日、発表された。

ウルトラ寿司ふぁいやーとドンペン
ウルトラ寿司ふぁいやーとドンペン

共同レーベル『ドレコード』立ち上げ 第一弾シングル『私はかまいません』7月26日に発売

 総合ディスカウントストアのドン・キホーテが初の音楽レーベルとして、7人組エンターテインメントバンド・ウルトラ寿司ふぁいやーと共同レーベル「ドレコード」を立ち上げ、メジャーデビューすることが7日、発表された。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 ウルトラ寿司ふぁいやーは東京を拠点に活動していて、アカペラ出身のメンバーとロックバンド出身のメンバーが融合して結成された7人組バンド。ロックやファンクに等身大の歌詞をはめたエンターテインメント性豊かな明るい楽曲から、アカペラで構成された現代を生きる人々に刺さる楽曲など、エンタメ性を持った幅広い楽曲を武器にYouTubeやSNSなどで話題を集めている。自身の活動以外にもKing & PrinceやA.B.C-Zなどへも楽曲を提供している。

 今回のレーベル立ち上げのきっかけは、メンバーと元々交流のあったドン・キホーテのスタッフが、ウルトラ寿司ふぁいやーのライブを見たこと。その際、一目惚れし「何か長期的にウルトラ寿司ふぁいやーと楽しいことがしたい!」という気持ちを抱くようになったという。

ウルトラ寿司ふぁいやーが「一緒に音楽レーベルを立ち上げて、ワクワク・ドキドキするような音楽を作りましょう!」と提案すると、ドン・キホーテサイドも即座に了承。ドン・キホーテとして初となる音楽レーベルを共同で立ち上げ、ウルトラ寿司ふぁいやーがメジャーデビューすることが決定したという。

 レーベル名はドン・キホーテが象徴的に掲げる文字である“ド”、そして音階の中心とも言われる“ド”、の2つの意味を込め、『ドレコード』という名前になった。第一弾としてリリースされるシングルの表題曲『私はかまいません』。ダメな奴だけどとにかくポジティブな男を歌ったアッパーチューンで、一度聞いただけで忘れられなくなるような中毒性のあるメロディーと歌詞が、背中を押してくれる楽曲として仕上がっている。

 2曲目にはウルトラ寿司ふぁいやーが結成して一番最初に制作した楽曲『全てはエンターテインメント』が新たにレコーディングされ、2023バージョンとして収録。実はこの楽曲こそドン・キホーテスタッフが一番惚れた楽曲であり、2組を結びつけた“仲人的楽曲”だという。3曲目にはドン・キホーテの象徴とも言える楽曲『ミラクルショッピング』のカバーが収録されるが、今回はウルトラ寿司ふぁいやーならではのアカペラアレンジに。

 また、今回のシングルは通常盤とドン・キホーテ盤の2仕様でのリリースとなり、一部ドン・キホーテ店内で購入できる“ドン・キホーテ盤”はウルトラ寿司ふぁいやーの既にリリースされている人気曲が多数収録。初めてウルトラ寿司ふぁいやーを知った人にも手に取りやすい仕様になっている。

 第一弾シングル『私はかまいません』は7月26日に発売される。

○ウルトラ寿司ふぁいやーコメント

「メジャーデビューする意味自体が問われたりもする昨今ですが、我々にとってこれ以上ない形になったと思っています! だってこんな楽しそうなデビュー、誰にも出来ないでしょ?笑 日本の音楽もショッピングもウル寿司が、ドンキが、ドレコードが盛り上げていきます! これから起こるたくさんの楽Cに乞うご期待!!」

○ドン・キホーテコメント

「ドン・キホーテでは常に新しいこと、面白いことにチャレンジしておりますが、レーベルを立ち上げるのは全く想定外でした。しかし、ウルトラ寿司ふぁいやーさんのエンタメ性の高い楽曲を聴いたとき、ドン・キホーテにぴったりだ! と思い、すぐに今回のレーベルのお話が決まりました。いつも店内で聴こえる『ミラクルショッピング』とは一味違ったおしゃれなカバーは必聴です」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください