綾野剛の“気遣い”に杉咲花も感激「誕生日に2つもプレゼントもらいました」

俳優の綾野剛(37)らが5日、東京・六本木で主演映画「楽園」(10月18日公開、瀬々敬久監督)の完成披露イベントに登場。共演する女優の杉咲花(21)が綾野との感激エピソードを披露した。

イベントに登場した綾野と杉咲
イベントに登場した綾野と杉咲

映画「楽園」完成披露イベント…佐藤浩市&片岡礼子は露天風呂撮影7時間

 俳優の綾野剛(37)らが5日、東京・六本木で主演映画「楽園」(10月18日公開、瀬々敬久監督)の完成披露イベントに登場。共演する女優の杉咲花(21)が綾野との感激エピソードを披露した。

 綾野が、杉咲との共演について「ずっとご一緒したかった。ドラマでワンシーンだけ共演したことがあったが、今回は願いが叶った。杉咲さんと同じベクトルに向かっていけたのがいい経験だったと思う」と振り返った。

 一方の杉咲は「綾野さんは役柄に入り込まれる方かなと思っていた。クランクインの時に、現場でお話できることはないかなと思って、そこらへんをふらふら歩いていたら、『そこに座りなよ』と声をかけて頂いた」と感激した様子。さらには、「誕生日をお祝いして頂いて、プレゼントを2つもくれたんです。どちらか悩みました。初めてです、(プレゼントを)2つも頂いたの」と振り返っていた。

左から瀬々敬久監督、佐藤浩市、綾野剛、杉咲花、片岡礼子
左から瀬々敬久監督、佐藤浩市、綾野剛、杉咲花、片岡礼子

 同映画は「悪人」「怒り」などのベストセラー作家・吉田修一氏の犯罪小説集が原作。ある地方都市で起きた少女失踪事件がモチーフだ。この日のイベントには、共演する佐藤浩一(58)、片岡礼子(47)らも登壇。

 佐藤は「片岡さんとは2人で露天風呂のシーンがありました。全部見えちゃうから、お湯を乳白色にして、7時間もやっていました」との撮影秘話を披露。片岡も「スタッフの中には倒れる人もいました」と過酷な撮影だったことを明かしていた。

(ENCOUNT編集部)