侍ジャパン白井一幸ヘッドコーチ、ジャニーズ事務所社外取締役に就任へ

ジャニーズ事務所は26日、7月1日付でWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)優勝の侍ジャパンでヘッドコーチを務めた白井一幸氏ら3人を社外取締役に迎えることを発表した。ジャニーズ喜多川前社長(享年87)の性加害疑惑を巡り、同社は「心のケア相談窓口の開設」 「外部専門家による再発防止特別チームの設置」 の設置も発表。「社外取締役」については、「コンプライアンス遵守、再発防止策の確実な遂行を含めた経営体制の改善と強化に向けて」としている。

白井一幸氏【写真:ジャニーズ事務所提供】
白井一幸氏【写真:ジャニーズ事務所提供】

ジャニー喜多川前社長の性加害疑惑を受け、事務所改革の一手

 ジャニーズ事務所は26日、7月1日付でWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)優勝の侍ジャパンでヘッドコーチを務めた白井一幸氏ら3人を社外取締役に迎えることを発表した。ジャニーズ喜多川前社長(享年87)の性加害疑惑を巡り、同社は「心のケア相談窓口の開設」 「外部専門家による再発防止特別チームの設置」 の設置も発表。「社外取締役」については、「コンプライアンス遵守、再発防止策の確実な遂行を含めた経営体制の改善と強化に向けて」としている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 難局にあるジャニーズ事務所の社外取締役に、野球道を歩んできた白井氏が就任する。同社は選出理由を「タレントがコーチングを受けるため」と説明している。

「プロ野球の選手・コーチとして培ってきた経験を基にしたコーチング理論は、多くの企業や組織で高い評価を得ている。厳しい競争のあるエンターテインメント業界の最前線でプロフェッショナルとして研さんする所属タレント、また、そのタレントをサポートするスタッフたちが、白井氏のコーチングを受けることは、これまでよりも広く柔軟な視点を養い、改めて社会から信頼される企業になれるきっかけになると考えております」

 日本ハムなどで現役、指導者のキャリアを積んできた白井氏は、2009年に野球解説、コーチングをテーマにした企業研修、講演を主軸に活動開始。18年からは、「プロ野球界初の企業研修講師」として企業、商工会議所、大学、スポーツ界などへ人材育成、チームビルディングをテーマにした研修の指導を重ねてきた。20年には、北海道銀行女子カーリングチーム・フォルティウスのメンタルコーチに就任。21年に、プロバスケットボールリーグB1・レバンガ北海道のメンタルコーチに就任し、22年、23年は侍ジャパンのヘッドコーチを務めている。

 なお、ジャニーズ事務所が発表した他2人の社外取締役内定者は、元環境省事務次官の中井徳太郎氏と藤井麻莉弁護士で、同社は今回の問題について「所属経験のあるすべてのタレントへの心のケアが最重要と考えております」とし、現役、OBを対象にした相談窓口を今月31日に開設すると発表。同窓口は「専門家に監修、心療内科医に委嘱した外部機関」としている。

「外部専門家による再発防止特別チーム」については、元検事総長の林真琴氏の指揮の下で組成されるとし、現段階で、林氏と精神科医の飛鳥井望氏、性加害などの被害者支援に携わっている臨床心理の女性研究者(手続き中で氏名非公表)がメンバーとなっていることを公表した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください