【光る君へ】永山絢斗、『いだてん』に続き2度目の大河 藤原隆家役に「楽しみで仕方ありません」

NHKは23日、来年の大河ドラマ『光る君へ』の新たな出演者を発表し、俳優・永山絢斗が藤原隆家(ふじわらのたかいえ)を演じるとした。藤原隆家は伊周、定子の弟。兄と同じく、道長との戦いの末、一家没落の憂き目を見るが、冷静かつかっ達な性格で乗りこえていく。のちに大宰府に赴任し、大陸から攻めてきた刀伊(とい)と対峙(たいじ)することになるという。

永山絢斗
永山絢斗

24年のNHKの大河ドラマ『光る君へ』の新たな出演者発表

 NHKは23日、来年の大河ドラマ『光る君へ』の新たな出演者を発表し、俳優・永山絢斗が藤原隆家(ふじわらのたかいえ)を演じるとした。藤原隆家は伊周、定子の弟。兄と同じく、道長との戦いの末、一家没落の憂き目を見るが、冷静かつかっ達な性格で乗りこえていく。のちに大宰府に赴任し、大陸から攻めてきた刀伊(とい)と対峙(たいじ)することになるという。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 永山は演じる人物の印象と意気込みについて「藤原道長の甥、藤原隆家を演じさせてもらうことになりました。平安時代なんて初めてですし、めったに生きることはできないので、長丁場の撮影になりますが、最後まで強い気持ちで参加しようと思います。きらびやかなセットや衣装、今回は弓や乗馬の稽古もあるので楽しみで仕方ありません。皆様の記憶に残るような大河ドラマになるように尽力いたします」とコメント。

 さらに大河ドラマ出演歴・思い出なども紹介した。

「『いだてん』に続き今回が2回目です」

 作品は平安中期に、のちに世界最古の長編小説といわれる『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。武家台頭の時代の前にきらびやかな平安貴族の世界と懸命に生きて書いて愛した女性の一生の物語。紫式部を吉高由里子が演じ、藤原道長を柄本佑が演じる。脚本は大石静さんが担当する。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください