STU48副キャプテン福田朱里、アイドルジャンルの垣根を越えた“Rock”への想い

瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、新型コロナウイルスの影響により握手会やコンサートの延期・中止が続くなか、メンバーが日替わりでオリジナル体操をする「みんなでSTU体操」など、支えてくれるファンとともにこの状況を乗り越えようとさまざまな試みを行っている。メンバーは今、「おうち時間」をどのように過ごしているのか、今後挑戦したいことを含めて紹介していく。

福田朱里(C)STU
福田朱里(C)STU

おうち時間は友達やメンバーとテレビ電話 Rockの冠番組“続編”にも意欲

 瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、新型コロナウイルスの影響により握手会やコンサートの延期・中止が続くなか、メンバーが日替わりでオリジナル体操をする「みんなでSTU体操」など、支えてくれるファンとともにこの状況を乗り越えようとさまざまな試みを行っている。メンバーは今、「おうち時間」をどのように過ごしているのか、今後挑戦したいことを含めて紹介していく。

 今年1月、初代キャプテン岡田奈々から任命され、副キャプテンに就任した福田朱里は、2代目キャプテン今村美月とともに新生STU48を牽引する。四国出身メンバーを中心とした派生ユニット「勝手に! 四国観光大使」でもリーダーを担当。アドリブが利いたMC力、パフォーマンス考案やグッズプロデュースなど企画力、物事をきちんと口に出せる発言力で周囲からの信頼も厚い。

 外出規制による「おうち時間」では、テレビ電話が“不可欠なツール”になっているという。

「私のおうちでの過ごし方は、友達やメンバーとテレビ電話をすることです。普段メンバーとは毎日のように会っていたので、今会えなくてすごく寂しいんですけど、テレビ電話で顔を見れるのでうれしいなと思います。結構長い間連絡を取っていなかった友達とかは、今の時期じゃないとおうちにいるか分からないので、出てくれるとすごくうれしいなと思ってよく電話をしています。みなさんもぜひ、家族や友達とテレビ電話をして楽しんでみてください!」

“うどん県”と言われる香川県の出身らしく、キャッチフレーズでも「三度の飯はうどんで決まり!」とうどん愛が炸裂し、「株式会社めりけんや」のアンバサダーも務めている。猫好き・カメ好きでも知られる彼女のもう一つの顔が、“バンド通”であることだ。

 ライブにも足を運ぶなどインディーズからメジャーまで幅広く網羅。今年3月にはニコニコちゃんねる「STU48 CHANNEL」で冠番組「福田朱里のU Don’t miss it ! ~三度の音はRockで決まり!~」を配信し、アイドルというジャンルの垣根を越えて独自の目線でオススメアーティストを紹介した。「第2弾、第3弾と今後も配信できるようにさらに知識を深めていきたいです」と、バンド関連の仕事にも意欲を見せる。

 3月24日に予定されていた自身の生誕祭、21歳の誕生日だった3月29日当日の握手会が延期。STU48としても3月28日の3周年コンサートが中止、5月27日のリリースが決定していた5thシングルも延期ともどかしい日々が続くが、「その分次会う時の嬉しさは何万倍にもなるハズ!!」と前を向く。

「今は会えなくて寂しい時間が続きますが、お互いに手洗い・うがい・消毒などをして、またいろいろ活動できるようになってからは、一緒に笑顔で過ごせたらいいなと思います。私たちもできることを頑張ってしていきたいと思います」

 グループ活動が再開した暁には、元気いっぱいな福田の姿が見られるはずだ。

□福田朱里(ふくだ・あかり)、1999年3月29日生まれ、香川県出身。STU48 1期生。弾けんばかりの笑顔と迫力満点の“4Dパフォーマンス”が魅力の副キャプテン。グループ内NO1の学力を誇り、独自の発想力でグループを引っ張る。派生ユニット「勝手に! 四国観光大使」ではリーダーを務め、「四国の魅力を多くの人に知ってもらいたい」と意気込む。ニックネームは「ふくちゃん」「あかりん」。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください