有村架純のとっておきの笑顔に癒やされる 19年くまもと復興映画祭の特別映像を公開

「くまもと復興映画祭」のディレクター、行定勲監督がナビゲーターを務め、映画祭の資料映像を特別編集した外出自粛応援プロジェクト「籠城じゃ!スペシャル ~そうだ、家で映画祭を楽しもう!!~」が6日午後3時からYouTubeで緊急配信されることになった。

行定勲監督と有村架純
行定勲監督と有村架純

くまもと復興映画祭がステイホーム週間を応援

「くまもと復興映画祭」のディレクター、行定勲監督がナビゲーターを務め、映画祭の資料映像を特別編集した外出自粛応援プロジェクト「籠城じゃ!スペシャル ~そうだ、家で映画祭を楽しもう!!~」が6日午後3時からYouTubeで緊急配信されることになった。

 これは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために外出自粛している映画ファンに、ステイホーム週間を自宅で楽しく過ごしていただけるように熊本市、地元メディア、映画祭がチームを組んだ、映画を中心とするエンターテインメント・プログラム。「菊池映画祭」「くまもと復興映画祭 powered by 菊池映画祭」がこれまで撮りためてきた資料映像を多くの関係者の協力、了承を得て特別編集し、特別映像として届ける。行定監督によるナビゲートで、特集上映のゲストによるティーチ・インや特別ライブの映像などを順次配信していく。

 第1弾(6日午後3時~)は「菊池映画祭2014 特集 高良健吾」。2014年は行定監督が前身の「菊池映画祭」時代に初めてスーパーバイザーとして関わった年で、「熊本出身の高良をフューチャーしたい」と、映画「おにいちゃんのハナビ」「横道世之介」「軽蔑」の3作品と、行定監督が演出したWOWOWドラマ「平成猿蟹合戦図」の第1話がプレミア上映された。

 以降、第2弾(7日午後8時)の「くまもと復興映画祭2017 高良健吾企画」、第3弾(5月8日20時?)の「くまもと復興映画祭2019 特集 有村架純『かぞくいろ』」、第4弾(5月9日12時~)の「くまもと復興映画祭2019 特集 有村架純『ナラタージュ』」が予定されている。映画祭ならではの、リラックスした表情や、ファンとの交流も垣間見られる貴重な機会となる。配信は2020年5月31日までの期間限定。

外出自粛応援企画 YouTube専用チャンネル「ROBOT CONTENT LAB」
https://bit.ly/2Wzrv6X

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください