【らんまん】島崎和歌子、土佐の女性役に「黙っていられない。役作りいらずでした」

俳優・島崎和歌子が楠野喜江役で出演するNHKの連続テレビ小説『らんまん』(月~土曜、午前8時)について、出演が決まった時の思いや撮影に参加した感想などをコメントした。

楠野喜江を演じる島崎和歌子【写真:(C)NHK】
楠野喜江を演じる島崎和歌子【写真:(C)NHK】

政治結社「声明社」を支援する楠野喜江役で出演

 俳優・島崎和歌子が楠野喜江役で出演するNHKの連続テレビ小説『らんまん』(月~土曜、午前8時)について、出演が決まった時の思いや撮影に参加した感想などをコメントした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 物語は神木隆之介が主演し、江戸末期に生まれ、激動の時代に、草花を愛し、夢に向かって人生を真っすぐに歩んだ植物学者・槙野万太郎の生涯を描くオリジナル作品。島崎は物語の舞台となる高知県出身で、朝ドラは1999年の『すずらん』以来、2度目の出演。演じる楠野喜江は政治結社「声明社」を支援する通称「民権ばあさん」。女性に参政権がないことをおかしいと思い、演説会に参加している設定。24日放送の第16回から登場する。まず、出演が決まった時の感想をコメント。

「昨年、牧野富太郎先生が朝ドラのモデルになると聞いて、高知県民にとってはとても身近な方なので驚いていました。その『らんまん』に出演できることになりうれしかったです。私は『民権ばあさん』と呼ばれる、はっきりと自分の意見を言う土佐の女性を演じさせていただいたのですが、高知の女性は黙っていられないので役作りいらずでした(笑)」

 実際に撮影に参加した感想はどうか。

「万太郎役の神木隆之介さんと、『声明社』のリーダー早川逸馬役の宮野真守さんが登場する演説会のシーンは迫力があって、演じつつも見入ってしまいました。寒くて乾燥している時期に撮影したのですが、宮野さんは何度撮影しても最後まで同じ声量で声がかすれないのがすごかったです。プロだなと思いました。そういった方々とお仕事ができて刺激になりましたし、撮影現場は楽しかったです」

 視聴者へのメッセージも。

「高知県はとても自然が豊かな場所です。年齢を重ねて、牧野先生が『植物を愛せるのは平和なこと』とおっしゃることの意味が分かりました。とてもぜいたくな環境で私は育ったんだなと思います。『らんまん』で高知県の景色を見て、朝から癒やしを感じていただけたらうれしいです。これをきっかけに高知にぜひ遊びに来てください」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください