今田美桜、“白目披露”を福山雅治が制止「ご家族が心配する」「東京で何をやっているんだって」

俳優の今田美桜が22日、TBS系連続ドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』(23日スタート、日曜午後9時※初回25分拡大)の記者会見に出席した。

記者会見に出席した今田美桜【写真:ENCOUNT編集部】
記者会見に出席した今田美桜【写真:ENCOUNT編集部】

今田美桜の“無敵の特技”は「白目が人より出る」

 俳優の今田美桜が22日、TBS系連続ドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』(23日スタート、日曜午後9時※初回25分拡大)の記者会見に出席した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 福山雅治と大泉洋が“無敵なバディ”を演じることにかけて「自分が無敵だって思うことは?」と聞かれた今田は、「白目が人より出る」と回答。会場が笑いに包まれるも、大泉が「白目が人より出る?」と首を傾げ、白目を披露する流れになりつつあると、福山が「それ、やったらダメって言ったやつじゃん。やらなくていいからね」とストップをかけた。

 福山は今田の“無敵の特技”を「楽屋で聞いたことある」といい、「そのときに『あんまりやらないほうがいいよ、ご家族が心配するから』って言った。東京に行った娘がテレビで白目をひん剥いていたら、東京で何をやっているんだってなる。ただ、特技であることは認識していただければ」と今田に代わって説明した。

 ドラマは、過去のある事故がきっかけで両目の視力を失ったFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官・皆実広見(福山)と、警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗(大泉)がバディを組み、数々の事件を解決に導いていくストーリー。福山にとって4年ぶりの連ドラ出演となる。

 今田は、警視庁刑事部に新設された捜査支援分析センターの分析官・吾妻ゆうきを演じる。吾妻は皆実に憧れており、捜査の力になりたいとサポートしていくキャラクターで、福山との共演シーンも多いという。

 今田は「1話では皆実広見さんが歩く方向を指示するサポート役だった。実際に、全盲の方に指導してもらって指示を練習しましたが、『3時の方向』とか『9時の方向』とか、わけがわからなくなった」と混乱したことを告白。今後、皆実広見とのランニングシーンもあると予告し、「福山さんと一緒に練習したのでお楽しみに」と呼びかけた。

 会見にはそのほか、King & Princeの永瀬廉、松尾諭、奥智哉、吉田羊、上川隆也が参加した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください