中村倫也、テレビ朝日系『ハヤブサ消防団』で主演 8年ぶり池井戸作品に「うれしい気持ち」

俳優の中村倫也がテレビ朝日系ドラマ『ハヤブサ消防団』(7月スタート、木曜午後9時)で主演を務める。

『ハヤブサ消防団』で主演を務める中村倫也【写真:(C)文藝春秋】
『ハヤブサ消防団』で主演を務める中村倫也【写真:(C)文藝春秋】

田舎を描く作品「東京に住んでいたので憧れがあります」

 俳優の中村倫也がテレビ朝日系ドラマ『ハヤブサ消防団』(7月スタート、木曜午後9時)で主演を務める。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 同作は『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』『七つの会議』『民王』『アキラとあきら』『シャイロックの子供たち』など数々のヒット作を送り出してきたベストセラー作家・池井戸潤氏の最新作。

 今回の舞台は、豊かな自然が広がる長閑な集落。主人公はミステリー作家という、これまでの池井戸作品とは一線を画す異色作となっている。

 物語は、スランプ気味の作家・三馬太郎(中村)が亡き父の故郷、山間の“ハヤブサ地区”に移住するところからはじまる。都会のストレスから解放され、穏やかな生活が送れるかと思いきや、地元の消防団に加入したのを機に太郎は連続放火騒動に巻き込まれ、さらには住民の不審死など怪事件に遭遇する。真相を探りはじめた太郎の前に浮かび上がるのは、集落の奥底にうごめく巨大な陰謀だったというストーリーだ。

 池井戸作品に8年ぶりに出演する中村は「『下町ロケット』に出演した際、先生の直筆メッセージの書かれた原作本をいただきました。作家の方からそういうものをいただくのは初めての経験だったので、すごく特別な思い出だったんですね。あれから何年か経て、またこうしてご一緒できることはすごく感動的ですし、またプロデューサーもドラマ『ホリデイラブ』でお世話になった方で、そうした巡り合わせにうれしい気持ちでした」と心境を語る。

 また池井戸作品へのイメージについては「没入感があります。人物の描き方と巧みな配置で感情移入がスムーズにできますし、物語の構成もスリリングで心地よい起伏があります」と分析した。

 自身と田舎にまつわるエピソードについては「ないものねだりだと言われればそれまでなのですが、東京出身で祖父母も東京に住んでいた私にとって、田舎と呼べる存在がなくて……。憧れがあります」と語った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください