栗山監督は「最も好きな人物の一人」 米記者が“言葉”に感銘「知性、情熱、そしてユーモアが毎朝必要」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が米国を3-2で破り、2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を飾った。東京ドームで行われた1次ラウンドから取材を続ける米国のマイケル・クレア記者は、侍ジャパン・栗山英樹監督の記者会見をすでに恋しく思っているようだ。

胴上げされる侍ジャパン・栗山英樹監督【写真:ロイター】
胴上げされる侍ジャパン・栗山英樹監督【写真:ロイター】

栗山監督に加え、チェコのチャディム監督の名前も挙げる

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が米国を3-2で破り、2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を飾った。東京ドームで行われた1次ラウンドから取材を続ける米国のマイケル・クレア記者は、侍ジャパン・栗山英樹監督の記者会見をすでに恋しく思っているようだ。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 侍ジャパンは3-2で迎えた9回表、大谷翔平(エンゼルス)がマウンドへ。先頭のジェフ・マクニール(メッツ)に四球を与えたものの、続くムーキー・ベッツ(ドジャース)を併殺打に仕留め、最後はエンゼルスの同僚で米国キャプテンのマイク・トラウトから三振を奪ってチームを優勝に導いた。

 今回のWBCは日本の優勝で幕を閉じたが、クレア記者は「栗山英樹監督は、過去に話を聞いた中で最も好きな人物の一人だ。毎日の記者会見を恋しく思うことになるだろう」とツイート。大会期間中、感銘を受けたことを明かしている。

 また、「栗山監督とチェコのパベル・チャディム監督を野球と哲学のポッドキャストに招待できないだろうか? 彼らの知性、情熱、そしてユーモアが毎朝必要だ」とも続けたクレア記者。毎日の会見を通して、その言葉に心を揺り動かされたようだ。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください