栗山監督とヌートバー母、優勝称え合う やり取りが「完全に保護者面談」と話題に

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が米国を3-2で破り、2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を飾った。試合後、侍ジャパンの栗山英樹監督とラーズ・ヌートバー外野手、母の久美子さんのやり取りが国際映像に映った。

ラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】
ラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】

初の国外選手だったラーズ・ヌートバー外野手

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が米国を3-2で破り、2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を飾った。試合後、侍ジャパンの栗山英樹監督とラーズ・ヌートバー外野手、母の久美子さんのやり取りが国際映像に映った。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 劇的優勝だった。先発は今永昇太。2回に絶好調のターナーに先制となるソロホームランを被弾。しかし、その裏に主砲・村上宗隆が同点弾。さらにヌートバーの内野ゴロの間に1点を追加し、逆転に成功した。4回には、岡本和真がソロホームランを放っていた。

 試合後、選手それぞれがグラウンドのなかで写真撮影。初の国外選手となったヌートバーは両親とともに栗山監督の元へ。

 栗山監督はヌートバーから「I love you」と声をかけられると「本当にありがとうたっちゃん、ありがとうね」と抱き合った。その横にいた母・久美子さんは「最高、栗山さん。1週間くらい休んで」と労った。

 このやり取りにネット上では「家族会議みたいで可愛い」「完全に保護者面談」「感動を分かち合えて嬉しい」「学校の先生と保護者みたいな雰囲気」「少年野球のお母さんと監督って感じでいい」などの声が寄せられている。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください