渋谷の有名ライブハウス「VUENOS」など3店舗が一斉閉店 新型コロナ影響で事業縮小やむを得ず

東京都渋谷区にあるライブハウス「VUENOS」、「Glad」、「LOUNGE NEO」が新型コロナウイルスの影響により、5月31日をもって閉店することを発表した。各ホームページやSNSで伝えている。

「VUENOS」、「Glad」、「LOUNGE NEO」が5月末で閉店【写真:ツイッター(@VUENOS_CLUB)より】
「VUENOS」、「Glad」、「LOUNGE NEO」が5月末で閉店【写真:ツイッター(@VUENOS_CLUB)より】

3店舗を運営するカルチャー・オブ・エイジアは「clubasia」存続へクラウドファンディングを立ち上げ

 東京都渋谷区にあるライブハウス「VUENOS」、「Glad」、「LOUNGE NEO」が新型コロナウイルスの影響により、5月31日をもって閉店することを発表した。各ホームページやSNSで伝えている。

「VUENOS」は21年間、「Glad」は10年間、「LOUNGE NEO」は17年間と長きにわたり渋谷のライブ・クラブカルチャーを支えてきた店舗の一斉閉店だけにSNS上などでも衝撃が走っている。3店舗はそれぞれツイッター上で「これまで長きに渡り支えて頂きありがとうございました。事態の終息を心より願っております」と感謝の言葉を投稿している。

 3店舗は4月上旬から営業を自粛。5月7日以降の再開を予定していた。12日には北海道札幌市の有名ライブハウス「COLONY」が閉店。音楽業界へのコロナ禍の影響が大きなものとなってきている。

 この3店舗と同じく渋谷にある「clubasia」を運営するカルチャー・オブ・エイジアは残る「clubasia」を存続させるため、5月1日正午より存続支援を募るクラウドファンディングを立ち上げることを発表。「誰もが困難な状況下、大変恐縮ですが応援の程、宜しくお願い致します」とSNS上で支援を呼びかけている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください