HiHi Jets作間龍斗、料亭舞台のドラマ撮影で苦戦 料理がおいしくて「顔に出そうに…」

HiHi JetsでジャニーズJr.の作間龍斗が18日、都内で行われたWOWOWドラマ『ながたんと青と -いちかの料理帖-』完成披露試写会(3月24日放送スタート)に登場した。当日は共演者の門脇麦、松本壮史監督も登壇し、同作の撮影裏話を語った。

完成披露試写会に出席したHiHi Jets・作間龍斗【写真:ENCOUNT編集部】
完成披露試写会に出席したHiHi Jets・作間龍斗【写真:ENCOUNT編集部】

撮影では技術スタッフと仲良しに「趣味がカメラなので最高の現場です」

 HiHi JetsでジャニーズJr.の作間龍斗が18日、都内で行われたWOWOWドラマ『ながたんと青と -いちかの料理帖-』完成披露試写会(3月24日放送スタート)に登場した。当日は共演者の門脇麦、松本壮史監督も登壇し、同作の撮影裏話を語った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同作は、磯谷友紀による原作漫画のドラマ化で、戦後間もない京都の老舗料亭「桑乃木」が舞台。「桑乃木」の長女で34歳の桑乃木いち日(門脇)と19歳の大学生・山口周(作間)の年の差夫婦が、料亭再建に挑む中で織りなすもどかしい恋を描く。

 作間は「撮影当時19歳で、原作通りの年齢でやらせていただけるのはうれしい限りでした。お話をいただいたときに正直、表紙を見て『俺だ』と思いました。京都の撮影所では温かい雰囲気で出来たので、たくさんの人に見ていただきたい」とアピールしつつ、「料理がすごいおいしいんですよ。顔に出そうなところを抑えながらやるのはめっちゃ苦しかったですね」と振り返った。

 門脇は「(作間は)最初はあんまり口数が少ない人かと思いましたが、まあよくしゃべるし早口だし、よく笑う。みんなからかわいがられていました」と作間を評した。松本監督が「技術スタッフの横によくいて、そこのおじさんにかわいがられていたので変なやつだなと思ってました」と話すと、作間は「趣味がカメラなんですけど、最高の現場ですよね。プロの方がいっぱいいて、夢のような場所だったので、楽しかったですね」と笑顔で語った。

 MCから「作品にちなんで、自信のある料理はありますか」という質問が上がると、作間は「自信を持って作れるのはスクランブルエッグとかですかね。あとチーズケーキ。レアチーズケーキは混ぜて流し込むだけなので、すごい簡単でおいしいです」と笑顔で答えていた。

 また最後に「温かくておいしそうで京都のそのままの雰囲気が映像に残っていますので、僕の頑張りと2人の幸せそうな関係性などが皆さんの生活の癒やしの一部になっていただければと思います。最後まで見てください」と同作をアピールしていた。同作は毎週金曜午後11時よりWOWOWにて放送・配信。全10話。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください