日向亘&片岡凜、山田裕貴主演ドラマで高校生カップル役 人間の良悪「すべてが詰まった作品」

俳優の日向亘と片岡凜が、4月スタートのTBS系連続ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(金曜午後10時)に高校生カップル役として出演することが4日、分かった。

『ペンディングトレイン』に出演する片岡凜(左)と日向亘【写真:(C)TBS】
『ペンディングトレイン』に出演する片岡凜(左)と日向亘【写真:(C)TBS】

TBS系連続ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』に出演

 俳優の日向亘と片岡凜が、4月スタートのTBS系連続ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(金曜午後10時)に高校生カップル役として出演することが4日、分かった。

 同作は、同じ電車に偶然乗り合わせた見ず知らずの乗客たちが突如、前代未聞の出来事に巻き込まれ、電波が通じないうえに水も食料もない極限下で懸命に生き、元の世界に戻ろうとする姿を描く、完全オリジナルの予測不能のヒューマンエンターテインメント。山田裕貴が初のGP帯連続ドラマ初主演を果たす。

 これまで主人公・萱島直哉(かやしま・なおや)役で山田、白浜優斗(しらはま・ゆうと)役で赤楚衛二、畑野紗枝(はたの・さえ)役で上白石萌歌を含む6人の出演を発表しているが、このたび、この電車に乗り合わせた高校生カップル役で日向と片岡の出演が決定した。

 本作で日向が演じるのは名門高校に通う医者志望の受験生・江口和真(えぐち・かずま)。いつも冷静で、時に大人顔負けの正論で、皆をぶった斬る一面を持っている。幼い頃から、名医である父をとりまく人間関係を見てきたため両親や教師など大人に対して強い警戒心を持っている。そんな彼がさまざまな大人たちと生活をともにすることで生まれる心境の変化と成長が注目ポイントだ。

 そして、日向演じる和真の恋人であり幼馴染で同じ高校に通う佐藤小春(さとう・こはる)を演じるのが片岡。本作で演じる小春は、名門校に通う成績優秀な彼氏の和真を尊敬している女子高生。女子高生らしいふるまいをする一方、妙に大人びた一面もある。そして和真も知らない秘密を隠しており、この秘密が今後の乗客たちの運命、そして物語を大きく動かしていくこととなる。

片岡凜「人と人とのつながりの大切さ、複雑さを考えさせられる作品」

 以下は日向亘と片岡凜のコメント。

○日向亘
「脚本を読んでみて、脚本だけでは想像もつかないことがたくさんあるので、これから現場でいろいろと答え合わせしていきながら撮影するのがとても楽しみです。

 年齢も職業も性格も違う人たちといきなりサバイバル生活が始まったら、自分だったら何ができるかなと想像しました。さまざまな性格の登場人物が出てくるので、人間のいいところも悪いところもすべてが詰まった作品だなという印象を受けました。

“電車”という社会の縮図のような空間で、見ず知らずの人たちと知識を出し合い知恵を絞りながら、現実と非現実が混ざり合った世界にどう立ち向かって希望を見つけていくのか、一緒に考察しながら楽しめる作品だと思いますし、視聴者の皆さんもご自身に置き換えて楽しんでいただけたらうれしいです」

○片岡凜
「年齢や境遇、生き方もまったく違う人々が、電車の一車両という空間で関わりを持ち、タイムスリップした未来の世界で人間関係を築いていくという物語の奇抜さを感じ、この先どんな展開になっていくのかとても気になりました。

 作品を通して非日常な現実を味わえるということはとても楽しみですし、佐藤小春にしっかり向き合い、サバイバル生活の中で生きる意味や喜びを知ることができたらと思います。

 どんな状況においても現代人が必要とするスマートフォン。手元から得られる情報源を無くしたとき、人と人とのつながりがどれだけ大切か、またどれだけ複雑かを考えさせられる、そんな作品になっていると思います」



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください