舛添要一氏、岡江久美子さんの死に怒り「PCR検査をサボってきた政府の責任は重い」

前東京都知事の舛添要一氏が23日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなった女優の岡江久美子さん(享年63)を追悼した。

舛添要一氏【写真:Getty Images】
舛添要一氏【写真:Getty Images】

発熱してすぐにPCR検査をしていたら…

 前東京都知事の舛添要一氏が23日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなった女優の岡江久美子さん(享年63)を追悼した。

 岡江さんは、4月3日に微熱を訴え、6日朝に容体が急変し、緊急入院。新型コロナウイルスへの感染が判明し、闘病の末、帰らぬ人となった。

 舛添氏は「女優の岡江久美子さんが、新型肺炎で亡くなられた。若い頃一緒に仕事をした。御冥福をお祈りする」と突然の訃報に悲しみをこらえた。

 一方で、舛添氏は「発熱してすぐにPCR検査をしていたら手遅れにならなかったのにと思うと残念だ。医療崩壊などの間違った理由をつけてPCR検査をサボってきた政府の責任は重い」と指摘し、政府のコロナ対策に怒りの矛先を向けた。

 岡江さんがPCR検査を受けたのは、入院してICUで人工呼吸器を装着した後だった。微熱があった段階で検査を受けていれば違う結果になった可能性もある。

 舛添氏は「早くドライブスルーのPCR検査を導入せよ!」と政府にこれまで以上の迅速な対応を求めた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください