【コメント全文】『それスノ』、ゴールデン進出決定 メンバー喜び「一番大事にしてきた番組」

TBS系バラエティー番組『それSnow Manにやらせて下さい』(日曜、午後1時)が、4月からゴールデン帯のレギュラー番組に進出することが決定した。29日放送の緊急生放送で発表された。

『それSnow Manにやらせて下さい』ゴールデン進出に喜びのコメント【写真:(C)TBS】
『それSnow Manにやらせて下さい』ゴールデン進出に喜びのコメント【写真:(C)TBS】

2021年4月から地上波でレギュラー放送スタート

 TBS系バラエティー番組『それSnow Manにやらせて下さい』(日曜、午後1時)が、4月からゴールデン帯のレギュラー番組に進出することが決定した。29日放送の緊急生放送で発表された。

 同番組は、2020年3月にアイドルグループ・Snow Man初の冠番組として特番で誕生し、同年4月からは動画配信サービス「Paravi」でレギュラー配信が開始。21年元日に放送された初の全国ネットでの特番を経て、同年4月から地上波でのレギュラー放送がスタートした。

 ゲストと共にクイズに挑戦したり、現役の学生とダンスやスポーツでガチ対決をする「それスノ スクールウォーズ」企画など、Snow Manのメンバーがさまざまなことに全力でチャレンジ。約32年ぶりに生まれ変わった日曜昼1時枠で、新たな“お昼の顔”としてお茶の間を盛り上げてきた。

 昨年9月に放送された初のプライム帯スペシャルでは、高校日本一のダンス部、ダンス最強芸能人チームと熱いダンスバトルを繰り広げ、ツイッターの日本・世界トレンド1位を獲得するなど大きな話題を呼んでいた。

ゴールデン進出にメンバーがコメント

 以下、メンバーのコメント。

○岩本照
「第1回から一緒にやってきたスタッフさんたちにずっと支えていただきながら、徐々に徐々にというかたちでやってきて、ついにゴールデンに進出することができました。この関係性は変わらずみんなでやっていきたいですし、Snow Manをよりたくさんの人に知っていただくきっかけにできたらいいなと思っています」

○深澤辰哉
「ついにゴールデン進出ということで、めちゃめちゃうれしいです。Paraviの配信から始まって、コツコツ一歩ずつ、自分たちが成長してきた過程が『それスノ』にあると思います。僕はMCをやらせていただくことが多いのですが、自分も今より成長して、皆さんに愛していただけるような番組にしていきたいです」

○ラウール
「番組が始まった当初から、メンバーのみんなとスタッフさん、視聴者の方も含めて、ゴールデンを目指したいってずっと言ってきたので、とてもうれしいです。支えてくれたスタッフさんと見てくださっている皆さんに感謝しつつ、与えられた場所でこれからも全力で頑張っていきたいと思います」

○渡辺翔太
「ゴールデンって聞いたときは、『本当に自分たちが?』と思いました。でも自分たちの成長にもつながっていくと思いますし、いい意味で少し自信も持ちながらやらせていただきたいです。それと同時に、もっと『それスノ』を世間の皆さんに認めてもらえるように精進したいと思いますので、Snow Manをよろしくお願いいたします」

○向井康二
「『それスノ』では、パフォーマンス中とは違うわちゃわちゃしたSnow Manが見られます。お茶の間が笑顔になる空間をゴールデンの時間で作れたらいいなと思いますので、ご家族やお友達と楽しんでいただきたいです。真面目に、しゃべり過ぎず、きゅっとやらせていただきますので、ゴールデンの向井もよろしくお願いします!」

○阿部亮平
「ゴールデンのレギュラーということは、全国で同じ時間に流れるんですよね。これってすごいことだなと思います。だから僕たちが任されたその枠を、めちゃくちゃ盛り上げたいです。その器にSnow Manはなっていきたいと思いますし、そのためにもっともっと成長します。よろしくお願いします」

○目黒蓮
「Paravi時代から、みんなでコツコツちょっとずつ小さい目標を立ててやってきたので、スタッフさん含め、ファミリー感のあるこのチームでゴールデンにいけることが何よりうれしいです。ファンの皆さんもすごく喜んでくださっているんじゃないかなと思うので、これからも変わらず皆さんに笑顔を届けていきたいです」

○宮舘涼太
「デビューさせていただいてから、我々が一番大事にしてきた番組。いろんなことを経験させていただきましたし、いろんな涙も超えてきました。その集大成としてのゴールデン進出でもありますが、Snow Manとしても、まだまだこれからだと思います。ファンの方、そしてスタッフの方と作り上げる『それスノ』をぜひ堪能してください」

○佐久間大介
「『それスノ』のゴールデン進出は僕たちにとってずっと夢だったので、それが叶ってすごくうれしいです。夢だったところにやっと立てたということなので、これからがスタートラインだと思って、もっと突っ走って行きたいなと思います」



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください