松井玲奈、三宅健から美肌をほめられ「震えました」 劇団☆新感線出演で夫婦役

俳優の松井玲奈が20日、2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演 Shinkansen faces Shakespeare 『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』の製作発表に登壇しした。劇団初参加の松井は「与えてもらった役を全うしたい」と意気込んだ。

製作発表に登場した松井玲奈【写真:田中亜紀】
製作発表に登場した松井玲奈【写真:田中亜紀】

劇団☆新感線の春公演『ミナト町純情オセロ』の製作発表に登壇

 俳優の松井玲奈が20日、2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演 Shinkansen faces Shakespeare 『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』の製作発表に登壇しした。劇団初参加の松井は「与えてもらった役を全うしたい」と意気込んだ。

 劇団では2011年にシェイクスピアの『オセロー』を翻訳した青木豪書き下ろしの『港町純情オセロ』を上演。今回が12年ぶりの再演で、物語の舞台を戦前・戦中から、戦後のアメリカ文化が流れ込んできたポップな時代にあらためて書き直し、装いを新たに上演する。主人公・オセロを劇団☆新感線初参加の三宅健が、共演には同じく初参加の松井玲奈、寺西拓人が名を連ねる。この日の会見には三宅、松井、寺西、劇団員の粟根まこと、高田聖子と青木豪、演出のいのうえひでのりが参加した。

 劇団☆新感線の作品に出演することが「お芝居をしていく中で人生の目標の1つ」だったという松井は「夢が1つかなった気持ちではあるんですけど、ここからは夢ではなく、自分が与えてもらった役を全うしたい」と言葉に力を込めた。

 劇中では三宅演じるオセロの妻を演じる。三宅との共演について問われると、「目がすごくキラキラしていて……。目を見たり見つめ合うシーンでは吸い込まれちゃう気がする」とため息を漏らし、「その純真さのある視線が今回のオセロにぴったり」と太鼓判を押した。

 一方の三宅は「距離が近いシーンがけっこうあるんですが、すごく肌がきれいです」と松井の美肌ぶりを絶賛。「僕は女性の肌の質感を見ちゃうんですけど、『どうやってお手入れしているのかな』というくらいツルツルですね」と称賛された松井は、「震えました。稽古場にすっぴんでいけないですね」と恐縮していた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください