「志村けんのバカ殿様」公式ツイッターが注意喚起 YouTubeに投稿される違法動画に「厳しく対処」

お笑いタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に亡くなったことを受け、過去の名作への関心が高まり、YouTube上では動画の違法アップロードが行われている。これを受け「志村けんのバカ殿様」公式ツイッターが20日、投稿を行った。

3月29日に急逝した志村けんさん【写真:Getty Images】
3月29日に急逝した志村けんさん【写真:Getty Images】

ファンも同調「厳しく対処してもらってだいじょうぶだぁ!」

 お笑いタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に亡くなったことを受け、過去の名作への関心が高まり、YouTube上では動画の違法アップロードが行われている。これを受け「志村けんのバカ殿様」公式ツイッターが20日、投稿を行った。

 各テレビ局では名作・名コントが再放送されている。また、18日からはYouTubeの「イザワオフィス」公式チャンネルがコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」の配信をスタートさせた。

 しかし、YouTube上では個人が許可なく動画を投稿するなどの違法アップロードが目立っている。これに対して「志村けんのバカ殿様」公式ツイッターは「【違法動画】YouTube上での違法動画について多くのご報告を頂いています」と投稿。「中には公式を騙る動画もあって流石に看過できない状況であり、悪質な動画には厳しく対処します」と公式と偽る悪質な投稿者へは対応すると記した。

 続けて「皆様に志村けんのコントを今後より沢山ご覧頂けるよう努力しますので、ご理解とご協力を頂けますようお願いします」とファンへ協力を呼びかけた。

 これにはファンも「厳しく対処してもらってだいじょうぶだぁ!」、「志村けんは永遠に不滅是非守って欲しいです!」、「違法は許さん!!」などの声援を寄せている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください