山崎育三郎、「イチケイ」で演じた井出のプライベートの変化に言及 自身は昨年末に第3子誕生

俳優の山崎育三郎が6日、都内で行われた映画『イチケイのカラス』(13日公開・田中亮監督)の完成披露試写会に登壇した。

イベントに出席した山崎育三郎【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した山崎育三郎【写真:ENCOUNT編集部】

映画『イチケイのカラス』完成披露試写会

 俳優の山崎育三郎が6日、都内で行われた映画『イチケイのカラス』(13日公開・田中亮監督)の完成披露試写会に登壇した。

 講談社「モーニング」で連載された同名コミックを原作に、21年4月期にフジテレビ系列月曜9時枠にて放送された連続ドラマ『イチケイのカラス』が映画化。東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>が舞台のリーガルエンターテインメントで、ドラマ版は令和“月9”No.1の平均世帯視聴率12.6%を獲得するなど話題を呼んだ。

 この日のイベントには、竹野内豊、黒木華、斎藤工、山崎育三郎、柄本時生、西野七瀬、田中みな実、津田健次郎、尾上菊之助、吉田羊、向井理、小日向文世の豪華キャスト陣と田中亮監督が出席し、トークでイベントに華を添えた。

 山崎は女優で妻の安倍なつみが27日にブログを更新し、第3子が誕生したことを報告したばかりだが、劇中で山崎演じる検事・井出のプライベートも連ドラから変化が。「井手さん、結婚しまして……。まあ誰も期待していなかったんですけど」と自虐を交えつつ、「さらっと結婚したところも出てきますので」と自身の役どころをアピールした。

 さらに山崎は「連ドラのときは裁判官チームがボヤッキーばかりで。撮影が長いとか、お腹空いた、眠たい、帰りたい……とか。そんな中で裁判シーンを撮っていた」と撮影の裏側を明かし、会場の笑いを誘っていた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください