【RIZIN】クレベル、自身のベルト狙う平本蓮は眼中になし「彼はまだ2勝だけ。朝倉とやってから」

対抗戦副将戦はRIZINフェザー級王者の“鬼神”クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)がBellator同級王者のパトリシオ・ピットブル(ブラジル)に0-3判定負け。RIZIN参戦7戦目で初黒星。自身の連勝は7でストップした。試合後の記者会見では、自身の首を狙う新興勢力をぶった切った。

会見に出席したクレベル・コイケ【写真:ENCOUNT編集部】
会見に出席したクレベル・コイケ【写真:ENCOUNT編集部】

発言にも苦言「暴言を吐いていることもどうかと思う」

 格闘技イベント「湘南美容クリニック presents RIZIN.40」(2022年12月31日、さいたまスーパーアリーナ、ABEMA PPVで全試合を完全生中継) MMAルール(66キロ、5分×3R)

 対抗戦副将戦はRIZINフェザー級王者の“鬼神”クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)がBellator同級王者のパトリシオ・ピットブル(ブラジル)に0-3判定負け。RIZIN参戦7戦目で初黒星。自身の連勝は7でストップした。試合後の記者会見では、自身の首を狙う新興勢力をぶった切った。

 団体の代表として、ベラトール最強のピットブルに挑むも、最後まで得意な柔術の展開には持ち込めなかった。それでもRIZINフェザー級王者として、ピットブルを慌てさせる場面もあった。

 混沌とするRIZINフェザー級戦線。クレベルのベルトを狙う選手は少なくない。2022年に躍進した平本連もその一人だ。この日も「どこかでクレベルを倒したい。オレしかいないと思う」と豪語していた。

 そんな強気な平本について問われると、クレベルは困惑を隠せない様子だった。

「彼がもし自分と闘いたいならもう少し実績を積んでこなければ。彼はまだ2回しか勝っていない。朝倉、牛久などの選手とやってから」と相手にせず、さらに「キックボクシングのチャンピオンだからといって暴言を吐いていることもどうかと思う」と“悪口”連発にも苦言を呈していた。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください