【紅白】最後のステージとなる純烈・小田井涼平、「熱湯風呂もあるんじゃないか」と含み

歌謡コーラスグループの純烈(酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太)が30日、大みそかに行われる第73回NHK紅白歌合戦のリハーサル会場と取材会場に登場した。会場には応援ゲストとして出場するお笑いタレントの有吉弘行とダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン)も登壇。紅白への意気込みを語った。

NHK紅白歌合戦のリハーサルに登場した純烈、有吉弘行、ダチョウ倶楽部【写真:(C)NHK】
NHK紅白歌合戦のリハーサルに登場した純烈、有吉弘行、ダチョウ倶楽部【写真:(C)NHK】

ダチョウと有吉参入で純烈リーダー酒井、「小田井の卒業がふっとんでます」

 歌謡コーラスグループの純烈(酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太)が30日、大みそかに行われる第73回NHK紅白歌合戦のリハーサル会場と取材会場に登場した。会場には応援ゲストとして出場するお笑いタレントの有吉弘行とダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン)も登壇。紅白への意気込みを語った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 今年、純烈を卒業する小田井にとっては紅白が最後のステージ。純烈の代表曲「プロポーズ」と有吉がかつて組んでいた猿岩石の「白い雲のように」を大みそかに披露する。

 リーダーの酒井が「今回は小田井さんの卒業ということで、なんとか紅白のステージが4人の最後になればいいなと思っていたんですが、縁があってダチョウ倶楽部のお二方とユニットを組むことになり、最後に有吉さんとも一緒に『白い雲のように』を歌うという、本当に全く想像のできなかったことが次々と起こって、今ここに立っています。5度目の紅白なんですが、全く違う気持ちです。正直なことを言うと、小田井さんの卒業がふっとんでいますね。どうでもいいんじゃないかな」と語り、報道陣から笑いを誘った。

 小田井も「なんなら自分も気持ちの整理がついちゃっているんで、最後はお祭りだというつもりです」と声を裏返しながら一言添えると、酒井は「本当に感謝の思いでいっぱいです」と感慨深げに語った。

 さらに小田井は「7人でステージに上がって、見ている皆さんに僕らができることなんだろうと思ったときに、元気になってもらうしかないなと思っております。あと、最後の瞬間まで“熱湯風呂”とか出てくるんじゃないかと思っているんです。油断できないなと思っています」と含みを持たせていた。

 今年の紅白のテーマは「LOVE&PEACE~みんなでシェア!~」で、司会は大泉洋と橋本環奈。スペシャルナビゲーターは櫻井翔。初出場10組を含む、全43組がパフォーマンスを行う。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください