眞栄田郷敦、目黒蓮、鈴鹿央士…キラリ輝く魅力を発揮、23年さらなる飛躍期待の若手俳優【男性編】

2022年もさまざまな映画やドラマが公開、オンエアされ、魅力的な新たな役者たちが観客や視聴者を魅了した。ここでは22年にキラリ光る演技を見せ、23年、さらなる飛躍が期待される若手男優たちの活躍を振り返りたい。

眞栄田郷敦(左)、鈴鹿央士【写真:ENCOUNT編集部】
眞栄田郷敦(左)、鈴鹿央士【写真:ENCOUNT編集部】

今年活躍し、来年の飛躍期待の若手俳優を特集

 2022年もさまざまな映画やドラマが公開、オンエアされ、魅力的な新たな役者たちが観客や視聴者を魅了した。ここでは22年にキラリ光る演技を見せ、23年、さらなる飛躍が期待される若手男優たちの活躍を振り返りたい。(文=磯部正和)

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

○眞栄田郷敦

 19年5月公開の映画「小さな恋のうた」で俳優デビューした眞栄田。同年TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」でドラマデビューも飾る。180センチの身長に端正なルックスで硬派な役柄を演じる一方で「私の家政婦ナギサさん」(20年/TBS)では、やや空気の読めない後輩として、かわいげのある役もハマることを見せた。2022年はホラー映画「カラダ探し」で、橋本環奈の相手役を務めると、NHK夜ドラ枠の「カナカナ」で地上波の連続ドラマ初主演を務めた。さらに先日まで放送されていたドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」(カンテレ制作)では、物語が進むにつれて、ガラリと違う表情を見せる高い演技力を見せ視聴者をうならせた。劇中でも、長澤まさみ演じる浅川恵那が「目力」に言及するシーンがあるが、眞栄田の目力は、今後も大きな武器になりそうだ。23年は、大ヒットを記録した映画「東京リベンジャーズ」の続編も控えており、さらなる活躍が期待される。

○目黒蓮

 22年の下半期のドラマで最も話題になった作品の一つと言っても過言ではないフジテレビ木10ドラマ「silent」に出演していた目黒。本作で目黒は「若年発症型両側性感音難聴」を患い、音を失ってしまった青年・佐倉想を演じた。音が聞こえていた学生時代と、音がなくなってしまった現在の感情の対比を繊細に表現した目黒の演技は、多くの人に共感を与えた。さらに同時期に連続テレビ小説「舞いあがれ!」では、自分にも他人にも厳しい航空学校生・柏木弘明を、映画「月の満ち欠け」では謎めいた青年・三角哲彦と、まったく違うキャラクターを演じたことも評判になった。「silent」のプロデューサーの村瀬健氏は、目黒に対して「お芝居が好きな人なんだろうな」という印象を持ったという。23年は3月公開の映画「わたしの幸せな結婚」で、映画単独初主演を務める。監督は「アンナチュラル」や「最愛」などを手掛けた塚原あゆ子。俳優の魅力を最大限に引き出す演出家だけに、目黒の新たな一面を見せてくれそうだ。

○宮世琉弥

 20年にボーカルダンスユニット「M!LK」を卒業し、俳優業にシフトした宮世。22年はドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」(テレビ朝日系)、「村井の恋」(TBS系)、「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」(MBS/TBS)「君の花になる」(TBS系)と4本の連続ドラマにレギュラー出演した。なかでも「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」では、高橋メアリージュン演じる犀原茜の下で、舎弟のように無理難題を押し付けられ、顔中あざだらけになるほどハードなシーンが多い役者志望の青年・硲悠斗を演じ、新たな一面を見せた。現場では直前に台本が変わるなど自由度が大きく、宮世自身も瞬発力が鍛えられたと話していたように、大きな経験になったという。東日本大震災を経験したという宮世は、将来震災を題材にした映画を撮りたいという夢を持つ。役者としてはもちろん、監督やスタッフの動きもしっかり観察し、自身の演技を客観視することも忘れない。現在18歳、年齢を重ねるにつれ、さらなる役の幅が期待される逸材だ。

○鈴鹿央士

 18年に俳優デビューした鈴鹿。そのきっかけは、映画の撮影で岡山に来ていた広瀬すずが、エキストラで参加していた鈴鹿を見て、マネジャーに進言しスカウトするという、ドラマチックなものだった。事務所に入って3か月後に受けた映画「蜜蜂と遠雷」のオーディションで大役を勝ち取りスクリーンデビュー。その透明感は多くの製作陣の目に留まり、その後も作品が続いた。22年はフジテレビ系土ドラ「クロステイル~探偵教室~」で連続ドラマ単独初主演を飾ると、「六本木クラス」(テレビ朝日系)、「silent」と話題の連続ドラマに続けて出演。「六本木クラス」では平手友梨奈演じる麻宮葵への恋心に翻弄(ほんろう)される青年・龍二を好演すると、「silent」では“主成分優しさ”と称される戸川湊斗をみずみずしく演じ、多くの視聴者をロスに陥らせた。23年はNetflixシリーズ「君に届け」で、主人公・風早翔太を演じ、南沙良と共にダブル主演を務める。本作は、劇場映画として10年に公開され、風早役は三浦春馬さんが演じた。三浦さんと多部未華子が素晴らしい世界観を作り出し多くのファンを魅了した本作を、鈴鹿と南沙良が令和にどんな形として届けてくれるのか――。期待が高まる。

 その他、若手と呼ぶにはそぐわない感があるが、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で畠山重忠を演じた中川大志は、現在24歳。数々の映画やドラマですでに主演を務めているが、本作で“武士の鑑”と呼ばれる重忠を、エネルギーたっぷりに熱演し、年齢層高い視聴者にその印象を焼きつけた。脚本家の三谷幸喜が描く大河ドラマには「真田丸」での豊臣秀頼役に次いで、2作連続出演になる。重忠が散った回のSNSでは「いつか大河ドラマで主演を務める逸材」という声が多数見られた。今後の活躍が大いに期待される。

 同じく「鎌倉殿の13人」で、鎌倉幕府2代将軍・源頼家を演じた金子大地も高い評価を得た。過去には「おっさんずラブ」(2018年/テレビ朝日)の栗林歌麻呂役で話題になり、2019年放送のNHKドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」では主演を務めていたが、確かな演技力で、今後も活躍が期待される俳優だ。

トップページに戻る

磯部正和

あなたの“気になる”を教えてください