あき竹城さん、75歳で死去 2年前から大腸がんで闘病 復帰目指すも秋から病状悪化

女優でタレントのあき竹城さんが、今月15日に死去したことが分かった。75歳だった。所属事務所のオフィスあきこが20日、「あき竹城に関するお知らせ」と題した文書を発表した。

所属事務所が発表

 女優でタレントのあき竹城さんが、今月15日に死去したことが分かった。75歳だった。所属事務所のオフィスあきこが20日、「あき竹城に関するお知らせ」と題した文書を発表した。

「2022年12月15日あき竹城が75歳にて永眠いたしました。ここに皆さまからの生前のご厚誼に深謝し、謹んでご報告申し上げます。約2年前に大腸癌を患い闘病しておりました。『元気なあき竹城でご挨拶したい』と本人の希望もあり公表せずに治療を続けて参りましたが今秋に病状が悪化してしまい、このようなご報告となってしまいました。応援してくださった皆様、お世話になった関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは大変残念でなりませんが、本人は全ての皆様へ感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございました。

 マスコミ各社様には、どうぞ本人の気持ちに寄り添って頂き、取材はご遠慮くださいますよう、切にお願い申し上げます。通夜ならび葬儀につきましては、すでに近親者のみにて執り行いました。後日『お別れの会』を催す予定はございません。供花、お香典に関しましても、固くご辞退申し上げます」

 竹城さんは、山形県米沢市出身。小4からモダンダンス教室で踊りを学び、中学校卒業後に上京してダンサーになった。ヌードダンサーとして活動した後は、山形弁を持ち味にしたコメディに挑戦。テレビ出演を果たすようになり、1977年には。東映映画「トラック野郎・度胸一番星」に出演。83年には映画「楢山節考」に出演し、女優としてのステップアップを果たした。明るいキャラクターと山形弁が愛され、バラエティー番組でも人気だったが、2020年以降はレギュラー番組を降板していた。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください