【M-1】吉本勢、初の2年連続で優勝を逃す タイタン所属・ウエストランドが王者に輝く

“漫才日本一”を決める「M-1グランプリ2022」の決勝が18日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、ウエストランドが優勝。7261組の頂点に立った。タイタン所属としては初の王者。吉本勢が2年連続で優勝を逃すのは、大会始まって以来初となった。

「ウエストランド」が栄光を手に【写真:(C)M-1グランプリ事務局】
「ウエストランド」が栄光を手に【写真:(C)M-1グランプリ事務局】

2020年マヂラブを最後に優勝から遠ざかる

“漫才日本一”を決める「M-1グランプリ2022」の決勝が18日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、ウエストランドが優勝。7261組の頂点に立った。タイタン所属としては初の王者。吉本勢が2年連続で優勝を逃すのは、大会始まって以来初となった。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 ファーストステージの大トリで登場したウエストランドは「あるなしクイズ」に絡めた強烈なディスりネタで659点をマークして3位で勝ち上がると、トップバッターを務めた最終決戦でもディスりネタを披露。あまりのとがり具合に審査員の反応もさまざまだったが、優勝を決めた。

 タイタン勢としては初優勝、昨年覇者の錦鯉もSMA所属で2年連続での非吉本勢の優勝。大会始まって以来、史上初の事態となった。

 決勝に駒を進めていた10組中7組(敗者復活のオズワルド含む)が吉本勢だった。

 M-1グランプリは“漫才日本一”を決める日本最大のお笑い賞レース。今年は昨年の6017組を大幅に超える7261組がエントリーし、再び史上最多を更新した。参加資格は、結成15年以内(07年1月1日以降)のコンビで、プロ・アマは問わない。審査基準は、とにかく面白い漫才。

○歴代王者一覧
2021年:錦鯉(SMA)
2020年:マヂカルラブリー(吉本興業)
2019年:ミルクボーイ(吉本興業)
2018年:霜降り明星(吉本興業)
2017年:とろサーモン(吉本興業)
2016年:銀シャリ(吉本興業)
2015年:トレンディエンジェル(吉本興業)
2010年:笑い飯(吉本興業)
2009年:パンクブーブー(吉本興業)
2008年:NON STYLE(吉本興業)
2007年:サンドウィッチマン(グレープカンパニー)
2006年:チュートリアル(吉本興業)
2005年:ブラックマヨネーズ(吉本興業)
2004年:アンタッチャブル(プロダクション人力舎)
2003年:フットボールアワー(吉本興業)
2002年:ますだおかだ(松竹芸能)
2001年:中川家(吉本興業)

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください