【鎌倉殿の13人】北条時房役の瀬戸康史が明かす舞台裏、オールアップで「泣いちゃいました」

俳優の小栗旬が主人公・北条義時を演じるNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜午後8時)。18日に最終回が放送され、放送後、北条時房を演じた瀬戸康史がコメントを発表した。

北条時房を演じた瀬戸康史(右)【写真:(C)NHK】
北条時房を演じた瀬戸康史(右)【写真:(C)NHK】

最終回放送後にNHKを通じてコメントを発表

 俳優の小栗旬が主人公・北条義時を演じるNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜午後8時)。18日に最終回が放送され、放送後、北条時房を演じた瀬戸康史がコメントを発表した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 北条時房を演じきって何を感じたのか。

「楽しかったですね。演じている自分が元気になるくらい明るい人物でしたね、時房は。だから演じていてハッピーでした。でもすごく微妙なニュアンスのときも多くて、三谷さんは笑いとして書いているんだけど、流れとしては暗い流れのところでポンと入ることもけっこうあったので、そういうところはすごく難しかったです。だけどそれが時房のキャラクター性が出ているところなのかなと思いながら、ヘラヘラしながらも、悩みながらやったという感じですかね」

 義時・泰時親子をそばで見ていての思いも紹介。

「『ケンカするほど仲がいい』じゃないですけど、そういう感じで時房は見ていたんじゃないですかね。無理に止めるわけでもなく、どっちの気持ちも分かってあげて、あとは時代の流れのままにというか。だからどっちを否定するわけでもなく、立ち位置としてはすごくふわふわしたところにはいましたけど、2人の心のよりどころみたいになっていればうれしかったなと思いますね」

 最後は北条時房として過ごした時間についてコメント。

「僕はあまりオールアップとかで泣かないタイプなのですけど、今回は家族の話だったので、泣いちゃいましたね。上京したときの気持ちになったというか、家族と離れちゃうというか、あたたかい空気の外に出る感じ、そういう感じがあってすごくさみしくなりましたね。自分にとって大切なものって離れてみて分かるんだなと、あらためて、そのくらい大事だったんだなと思いました」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください