橋本環奈、“本物”サンタに資質を認められご満悦「これを機にサンタ業へ」

女優の橋本環奈が14日、都内で行われた映画「ブラックナイトパレード」(23日公開)のサンタクローストークイベントに登壇した。

イベントに出席した橋本環奈【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した橋本環奈【写真:ENCOUNT編集部】

中川大志も登壇

 女優の橋本環奈が14日、都内で行われた映画「ブラックナイトパレード」(23日公開)のサンタクローストークイベントに登壇した。

“良い子には欲しいプレゼントを持った赤いサンタが、悪い子には欲しくもないプレゼントを渡しに黒いサンタがやってくる”というサンタクロースにまつわる実在の伝承をもとに描かれる、中村光の最新クリスマスコメディ作品を福田雄一監督が実写映画化。吉沢亮が【受験失敗・就活失敗・彼女無し】のダメ男・三春を演じている。

 この日のイベントには吉沢、橋本、中川大志が登壇。さらに、フィンランドから来日した本物のサンタクロースもイベントに駆けつけた。橋本は間近で見る本物のサンタクロースの姿に「びっくり。子どもたちに『サンタの絵を描いてください』と言ったら(想像する)まんまのイメージ」と目を丸くして驚いていた。

 3人は“サンタの資質”を競い合うため、「もし悪い子がゲーム機をほしいとお願いしたら?」「クリスマスを終えたサンタクロースは休みの間になにをする?」などの質問に対し、サンタになりきって回答。「サンタとして人生を過ごしているので、サンタに休みはない」と真剣に答えてサンタクロースの心をガッチリつかんだ橋本が優勝し、「本物のサンタさんに認めていただけるなんて。これを機に本物のサンタさんになれるように、今の仕事をセーブしてサンタ業に(励みたい)」と話し、会場を和ませていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください