【THE W】最終決戦で“漫才”を選んだ紅しょうが、ファンは拍手「勝負したのは素晴らしい」

女性芸人の中から1番おもしろい“笑いの女王”を決定する「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」の決勝が10日、東京・汐留の日本テレビスタジオで行われた。今年は過去最高の735組がエントリー。決勝進出者の12組の中から「天才ピアニスト」が頂点に輝いた。“コント”を披露したユニットが優勝したが、最終決戦で漫才を披露した「紅しょうが」に称賛の声が寄せられている。

最終決戦で漫才を披露した紅しょうが
最終決戦で漫才を披露した紅しょうが

優勝の「天才ピアニスト」、「ヨネダ2000」はコントを選択

 女性芸人の中から1番おもしろい“笑いの女王”を決定する「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」の決勝が10日、東京・汐留の日本テレビスタジオで行われた。今年は過去最高の735組がエントリー。決勝進出者の12組の中から「天才ピアニスト」が頂点に輝いた。“コント”を披露したユニットが優勝したが、最終決戦で漫才を披露した「紅しょうが」に称賛の声が寄せられている。

 Aブロックでは、「M-1グランプリ2022」でも決勝進出を決めている「ヨネダ2000」が、Bブロックでは2年連続2度目の決勝の舞台の「天才ピアニスト」が、Cブロックでは3年連続4度目の決勝の「紅しょうが」が勝ち抜き、最終決戦に進出。それぞれ“コント”を見せていた。

 最終決戦でも「天才ピアニスト」と「ヨネダ2000」はコント。トップバッターだった「紅しょうが」だけが漫才を見せていた。審査では「笑い飯」の哲夫だけが「紅しょうが」に票を投じていた。

 この決断にネット上には「戦略はかなり良かったと思う」「これで優勝したカッコ良かった」「漫才で勝負したのは素晴らしい」「最終決戦を漫才で挑んできたのカッコ良かった」「漫才師としての矜持は見せてくれた」「哲夫が票入れてくれたのめっちゃ嬉しくなってきた」「漫才愛が伝わってきて感動」「漫才やったの最高か」などの声が上がっていた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください