【THE W】天才ピアニストますみ、相方に感謝「天才、おもしろくないなと思ったことはない」

女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」で優勝を果たした天才ピアニストが10日、生放送終了後に囲み会見で喜びを語った。

「THE W」6代目女王に輝いた「天才ピアニスト」【写真:ENCOUNT編集部】
「THE W」6代目女王に輝いた「天才ピアニスト」【写真:ENCOUNT編集部】

芸歴7年目、2度目の決勝で悲願の優勝

 女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」で優勝を果たした天才ピアニストが10日、生放送終了後に囲み会見で喜びを語った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 今年は過去最高の735組がエントリー。決勝の最終決戦では、同じ吉本興業のヨネダ2000、紅しょうがとの直接対決を制し、芸歴7年目、2度目の決勝で悲願の優勝を飾った。

 優勝直後の心境を聞かれた、竹内知咲は「めちゃくちゃうれしいですし、気持ちいいです。優勝を目標にやって来たので。相方に伝えたいのは、毎月単独ライブは相当しんどいのに、文句も言わずにやって来てくれてありがたいです」とコメント。ますみは、「相方の竹内さんは天才。どのネタもおもしろくないなと思ったことはないです」と絶賛した。

 喜びを伝えたい人を聞かれると、竹内はコンビ共に親が教師であることを明かし、「真面目に育てたのに、こんな形(芸人)になってしまって、一個結果出たというのは親に伝えたいです。芸人になるのを許してくれてありがとう」と感謝。一方、元・看護師のますみ、「看護師長さん、あの時の上司に獲ったぞと。『次、主任になる』と声がかかっていたので。そこで応援してくれたからこそ今があるので、看護師長さんに伝えたいです」と語った。

 同コンビは、NSC大阪38期、ツッコミの竹内、ボケのますみからなるコンビで、16年5月に結成。今年「第52回 NHK上方漫才コンテスト」で優勝。THE Wは2年連続2度目の決勝進出で、昨年は国民投票枠で最終決戦進出も準優勝という結果に終わっていた。

○女芸人No.1決定戦 THE W 歴代優勝者
2017年 ゆりやんレトリィバァ
2018年 阿佐ヶ谷姉妹
2019年 3時のヒロイン
2020年 吉住
2021年 オダウエダ
2022年 天才ピアニスト

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください