【舞いあがれ!】14日のあらすじ 中澤が離婚届提出の動き 舞と矢野はどうするのか

女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じるNHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜、午前8時)。物語は東大阪や五島列島を舞台に、舞が空への夢に向かって奮闘する姿を描く。

中澤に声をかける舞(左=福原遥)と倫子(山崎紘菜)【写真:(C)NHK】
中澤に声をかける舞(左=福原遥)と倫子(山崎紘菜)【写真:(C)NHK】

福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じる朝ドラ 第53回のあらすじ

 女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じるNHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜、午前8時)。物語は東大阪や五島列島を舞台に、舞が空への夢に向かって奮闘する姿を描く。

 第52回までに、フライト訓練中に悪天候のため帯広空港から釧路空港に向かうことになった舞だったが、大河内教官(吉川晃司)の応援もあって無事に、しかも、うまく着陸する様子が描かれた。続く14日放送の第53回のあらすじを紹介する。

 舞と矢野(山崎紘菜)が中澤(濱正悟)のもとに行こうとすると、彼は外出しようとしていた。その手には一通の封筒があった。NHKによると、中澤は、妻から送られてきた離婚届に署名をして、提出しようとしていたのだ。舞と矢野は、離婚届を出す前に話をしようと、中澤を引き留めるという。

 航空学校内を舞台に、この作品では舞の仲間のプライベートも描かれる。中澤のように結婚している学生など、さまざまな経歴や思いを持つ学生が登場する。実際の航空学校もいろんな経歴の学生がいるのだろうか、また、学校の雰囲気など、この作品を通して思いをはせるのも1つの楽しみ方かもしれない。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください