渡辺徹さん長男・裕太、母・榊原郁恵のツッコミ役へ「任せたぞと言われたと思って(笑)」

11月28日午後9時1分に敗血症のため、61歳で亡くなった渡辺徹さんの妻でタレントの榊原郁恵(63)と長男で俳優の渡辺裕太(33)が5日、東京・目黒のホリプロで会見した。2人は、渡辺さんがこの日、荼毘に付されたことを明かし、昨年7月に撮られた遺影を前に故人の思い出を語った。

会見に出席した渡辺裕太【写真:ENCOUNT編集部】
会見に出席した渡辺裕太【写真:ENCOUNT編集部】

榊原郁恵は苦笑い「(ツッコミが)下手だよね~」

 11月28日午後9時1分に敗血症のため、61歳で亡くなった渡辺徹さんの妻でタレントの榊原郁恵(63)と長男で俳優の渡辺裕太(33)が5日、東京・目黒のホリプロで会見した。2人は、渡辺さんがこの日、荼毘に付されたことを明かし、昨年7月に撮られた遺影を前に故人の思い出を語った。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 郁恵と裕太はともに喪服で会場に入りし、取材陣に深々と頭を下げた。

 裕太は「本日はありがとうございます。本日、家族葬を執り行いました。皆さま、ありがとうございました」とあいさつし、郁恵も「足元が悪い中、サッカーで盛り上がっている中、集まっていただき、家族としてはとてもうれしいです。家族は、こういう中でも渡辺のことを話題にしてもらい、『渡辺徹は偉大だったんだな』と受け止めました。諸先輩、お仲間、後輩、私たち以上に愛してくださった皆さまには、この場をお借りしてお詫びしたいと思います」と頭を下げた。

 35分におよぶ会見は終始明るく、郁恵の話が横道にそれることも多くあった。それを気にした裕太が「いつものことなんです。すみません。これを止めるのが父の役目だったんです」と取材陣に説明。直後、郁恵から「そう。(裕太はツッコミが)下手だよね~」と言われ、苦笑いする場面もあった。

 裕太が、渡辺と元気な状態で会えたのは11月14日、自身が出演した「落語会」だったという。東京・浅草の東洋館まで郁恵と共に駆け付けたという。

「話せてはいないんですが、見に来てくれていました。あれが最後に見た元気な姿でした」

 裕太は前日、インドから帰国したばかりで、2人で「よく頑張っているね。面白かった」と感想を言い合ったという。当初、夫婦とも鑑賞には行けないスケジュールだったが、急きょ、都合がついて行けることになったといい、郁恵は「主人は終わった後に洋食屋さんで何を食べるか、ずっとメニューを見ていました」と言い、取材陣を笑わせた。

 裕太は、両親のことを「どんな夫婦関係でしたか」と問われると、「普通だと思います」と前置きして言った。

「父親は周りを楽しませるのが好きで、母親は楽しそうでしたし、一番、笑っていました。もちろん、けんかもよくしていました」

 そして、裕太は父への感謝も込めて、「『裕太 もう、任せたぞ』と言われたと思っています」と言い、前を向いた。これから母の横に立つときは、突っ込みのタイミングを見極め、天国の父を安心させるつもりだ。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください