【舞いあがれ!】6日のあらすじ 舞の着陸技術でプリソロチェックに合格できるのか

女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じるNHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜、午前8時)。物語は東大阪や五島列島を舞台に、舞が空への夢に向かって奮闘する姿を描く。

プリソロチェックの結果を聞く水島祐樹(佐野弘樹)と岩倉舞(福原遥)【写真:(C)NHK】
プリソロチェックの結果を聞く水島祐樹(佐野弘樹)と岩倉舞(福原遥)【写真:(C)NHK】

福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じる朝ドラ 第47回のあらすじ

 女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じるNHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜、午前8時)。物語は東大阪や五島列島を舞台に、舞が空への夢に向かって奮闘する姿を描く。

 第46回までに、舞(福原遥)は、自分に告白しそうになった柏木(目黒蓮)のことが気になってなかなか寝付けない様子や食堂では柏木を避けて離れた席に座ってしまう姿などが描かれた。また、中澤(濱正悟)に妻から離婚届が送られてくる展開もあった。気になる6日放送の第47回のあらすじを紹介する。

 舞、柏木、水島(佐野弘樹)は緊張しながらプリソロチェックを終え、大河内教官(吉川晃司)から結果を伝えられる。柏木学生は無事に合格し、そして着陸にてこずった舞も、何とか合格する。舞は急な横風にあおられ着陸ミスをしたことを気にかけて大河内教官に尋ねると、大河内は着陸を取りやめ、危険回避をしたことを評価したと答える。が、センターラインを外した着陸を改善するよう指導されるという。

 舞の着陸の技術が十分ではないことが、今後、どう影響するのか。また、水島のプリソロチェックの結果はどうだったのか。見どころの多い第47回になりそうだ。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください