ユウナ役の中村米吉、衣装着用で“胸が小さい”と指摘「改良した」 ヒロイン役に気合

「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」の製作発表会見が29日、都内で行われ、中村獅童、尾上松也、坂東彦三郎、スクウェア・エニックスのプロデューサー北瀬佳範氏らが出席した。

会見に出席した中村米吉【写真:ENCOUNT編集部】
会見に出席した中村米吉【写真:ENCOUNT編集部】

ユウナ役に「このすごいヒロインをやるんだと心した」

「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」の製作発表会見が29日、都内で行われ、中村獅童、尾上松也、坂東彦三郎、スクウェア・エニックスのプロデューサー北瀬佳範氏らが出席した。

「ファイナルファンタジー」(FF)シリーズの第10弾として2001年に発売された「ファイナルファンタジーX」は、大いなる脅威“シン”に立ち向かう少年ティーダと少女ユナの切ない物語を描く。世界累計出荷およびダウンロード販売数は2100万本以上を記録し、シリーズ屈指の人気タイトルとなっている。

 ヒロインのユウナを演じる中村米吉は、企画発案者でティーダ役の菊之助から直接出演を打診された。米吉は、ジブリの名作「風の谷のナウシカ」を歌舞伎化した際にも、菊之助と共演しており「新しいものを作る姿を側で派遣していた。またご一緒できるのはうれしい。男女役での共演はあまりないので、それも楽しみです」と喜んだ。

 ユウナについては「まごうことなくヒロイン」とし、ゲームをプレイしながら「このすごいヒロインをやるんだと心した。兄さんたちに支えて、守ってもらいながらユウナとしてしっかりと舞台の上で旅したい」と意気込んだ。

 衣装について聞かれると「ユウナの衣装は上半身の肌が露出している。さすがに露出するわけにはいかないので工夫しました。歌舞伎らしく豊かな舞台衣装として、素敵なものが出来上がった」とにっこり。役衣装姿を写真に収め、キマリ役の坂東彦三郎に送ったところ「胸が小さい」と指摘があったことを明かし、「改良しました(笑)」と笑わせた。

 会見にはアーロン役の中村獅童、シーモア役の尾上松也、キマリ役の坂東彦三郎、ルールー役の中村梅枝、ワッカ役の中村橋之助、リュック役の上村吉太朗、「FF」シリーズのプロデューサー北瀬佳範氏も登壇。「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」は来年3月4日から4月12日までIHIステージアラウンド東京にて上演される。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください