AKB48総監督・向井地美音、運営の見解を説明 恋愛禁止ルール「ない」「自覚を持って活動」

アイドルグループAKB48で総監督を務める向井地美音が21日、自身のツイッターを更新。「恋愛禁止」についての認識を改めて説明した。

「AKB48」の向井地美音【写真:ENCOUNT編集部】
「AKB48」の向井地美音【写真:ENCOUNT編集部】

「言葉足らずで誤解を生んでしまっている」と補足ツイート

 アイドルグループAKB48で総監督を務める向井地美音が21日、自身のツイッターを更新。「恋愛禁止」についての認識を改めて説明した。

 前日20日に向井地は「今まで曖昧になっていた『恋愛禁止』というルールについて改めて考え直す時代が来たのだと思います。運営と相談し、どのような形であれ必ず結論を報告させて頂きます」と投稿し、さまざまな声があがっていた。

 これを受けて21日早朝に向井地は「私のツイートが言葉足らずで誤解を生んでしまっているので補足させてください」と投稿。「改めて運営に確認を取ったところ『AKB48グループに恋愛禁止のルールはなく、メンバーそれぞれが自覚を持って活動することで成り立っている』とのことでした」と運営サイドの認識を明示した。

 続けて、「ですが世間ではAKB48=恋愛禁止という認識が強いため、まずはギャップを正した上で、今後そのルールをどうしていくか考えるべきだと伝えたかったのですが、恋愛を解禁すると受け取られるような発言をしてしまい、申し訳ございません」と謝罪した。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください