あいみょん、2023年度前期朝ドラの主題歌担当 主演の神木隆之介「とても幸せです」

俳優の神木隆之介が主演を務める2023年度前期のNHK連続テレビ小説「らんまん」の主題歌を歌手・あいみょんが務めることが15日、発表された。

あいみょん
あいみょん

日本の植物学の父、牧野富太郎さんがモデル

 俳優の神木隆之介が主演を務める2023年度前期のNHK連続テレビ小説「らんまん」の主題歌を歌手・あいみょんが務めることが15日、発表された。

 連続テレビ小説第108作「らんまん」のモデルは、日本の植物学の父・牧野富太郎。その喜びと発見に満ちた生命力あふれる人生を、美しい草花やみずみずしい里山の情景とともに描き、日本の朝に癒やしと感動のひとときを届ける。作者を務めるのは長田育恵。主演の槙野万太郎を神木が演じ、ヒロインの万太郎の妻・寿恵子(すえこ)として浜辺美波が出演する。

 主題歌を担当するあいみょんは、「自宅で大切に育てていた蘭が遂に蕾をつけて紫色の花を咲かせた頃に、主題歌のお話をいただきました。1年半以上全く花が咲かなかったのに見事にシンクロ。爛漫(らんまん)と紫の花が咲きはじめてびっくりしました。きっと偶然だとは思うんですが、日本の植物学の父、牧野富太郎さんをモデルとしたお話ということもあり、まるで花に祝われてるような、よろしく! と言われているような、そんな気がしてうれしくなりました。ただひたすらに愛する力を持つ、そんな主人公や主人公の奥さんと向き合いながら制作した楽曲です。毎朝流れると思うと、これからの朝が緊張します。よろしくお願いします」とコメント。

 主演の神木は、「大切な仲間が主題歌を歌ってくださるなんて、とても幸せです。あいみょんさんは過去にお仕事をご一緒させていただきました。あいみょんさんが紡ぐすてきな歌詞とメロディーに乗せて毎朝が始まると思うと心が震えます。本当に楽しみで仕方がないです」と期待を寄せた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください