粗品、母親が不整脈で緊急搬送 突然の病院からの電話に「ボロボロ泣いた」と告白

お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品が1日、自身のYouTubeを更新し、68歳の母親が倒れて病院へ運ばれていたことを明かした。

「霜降り明星」の粗品【写真:ENCOUNT編集部】
「霜降り明星」の粗品【写真:ENCOUNT編集部】

命に直結はないものの今後は手術が必要になるとのこと

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品が1日、自身のYouTubeを更新し、68歳の母親が倒れて病院へ運ばれていたことを明かした。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 粗品は「2分の1のギャンブルに勝った」と動画を更新。冒頭で「割と緊急で動画を回している」とし、大阪の実家に帰省していることを明かした。

 ちょうど2連休だったという粗品のもとに突然、電話が掛かってきたとのこと。お金絡みの電話も頭によぎったが、出てみると「○○病院です。佐々木直人さんのお電話で間違いないですか?」と大阪の病院からだったようだ。粗品は「心臓がドキンと跳ねまして」と当時の心境を吐露した。

 その病院は父親が亡くなった病院だったとのこと。それもあり、母親の異変が生じたのではないかと心配したようだ。さらに「この時点で2択なんすよ」と説明。「容態を悪くしましたっていう報告」あるいは「もう1択は死にましたやん」と振り返った。そして「この2分の1のギャンブルほんまに震えたな」「ほんまにびっくりしました」と動揺したことを明かした。

 結果的に、不整脈で「発作性上室性頻拍症」だったとのこと。後日手術は必要になるが、生死に直結するようなものではなかったようだ。粗品は「2分の1のギャンブル勝ちました。このとき思ったのが、マジで普段負けてて良かった」と安堵(あんど)の様子。お笑い芸人らしく面白おかしく話してはいるものの、内心では「ほんまにエグかってん」と動転していたようで「電話切った瞬間にボロボロ泣いて」と号泣したことも告白した。

 そして、大阪の実家に5~6年ぶりに帰省したことを説明。弱った母親の姿を目の当たりにし、「死ぬほど泣いた」と赤裸々に明かした。

 今後は「カテーテルアブレーション」の手術を受ける。不安な心境を漏らしながら、「大丈夫やんな? なぁみんな!」と視聴者に呼びかけ、動画は終了した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください