博多華丸・大吉、地元・福岡での初お笑いフェスへ向け意気込み「成功しないと次はない」

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が31日、都内で行われた「LIVE STAND 22-23 FUKUOKA」開催キックオフ記者会見に登壇した。

記者会見に登壇した博多華丸・大吉【写真:ENCOUNT編集部】
記者会見に登壇した博多華丸・大吉【写真:ENCOUNT編集部】

来年1月14日・15日に開催「LIVE STAND 22-23 FUKUOKA」

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が31日、都内で行われた「LIVE STAND 22-23 FUKUOKA」開催キックオフ記者会見に登壇した。

 吉本興業が主催する日本最大級のお笑いフェス「LIVE STAND」は、今年12年ぶりに復活。8月の千葉公演(東京公演)と9月の大阪公演で開催され合わせて4万5000人を動員し、福岡公演は来年1月14日、15日とマリンメッセ福岡で開催される。

 地元福岡でのビッグイベント開催を前に博多大吉は、「東京と大阪が大成功でバトンが回ってくる。福岡だけショボかったと言われるのはつらいので頑張らなければ」と意気込み。福岡のオススメスポットを聞かれた博多華丸は、「会場に近くに、大きな国際センター、サンパレスがあったり、ウロウロするのも楽しい」と紹介し、「福岡ボートレース場もありますので、賭けすぎないように気をつけてください」と呼びかけた。

 大吉、「千鳥」大悟、「かまいたち」山内健司、「ロバート」秋山竜次がリーダーとなって争われるチーム対抗の「LIVE STAND大喜利」については、大吉が「(フジテレビの)『IPPONグランプリ』には怖くて出られないけど、やれるならやってみたいというような(大喜利企画)。楽しくできればいいなと思っています」と説明。開催へ向け大吉は、「九州でこれくらいの規模のお笑いイベントをやるのは初めてで、これが成功しないと次はない。東京、大阪でよかったことを凝縮させたライブスタンドにしたいと思っていますので、是非みなさんご来場ください」と力強くメッセージを送った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください