「Dr.コトー」は映画で完結 中江監督「集大成で完結編、今後やる気ない」とキッパリ

映画「Dr.コトー診療所」製作報告会見が26日、都内ホテルで行われ、連続ドラマシリーズからメガホンをとり続けた中江功監督が続編の有無について言及した。

映画「Dr.コトー診療所」に出演する吉岡秀隆と柴咲コウ【写真:ENCOUNT編集部】
映画「Dr.コトー診療所」に出演する吉岡秀隆と柴咲コウ【写真:ENCOUNT編集部】

フジ軽部アナ「海猿」を例に「ファイナルと言ってその後もどんどん作った」

 映画「Dr.コトー診療所」製作報告会見が26日、都内ホテルで行われ、連続ドラマシリーズからメガホンをとり続けた中江功監督が続編の有無について言及した。

 2003年にフジテレビの木曜10時枠で放送された連続ドラマで、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、第1期、第2期ともに大ヒットを記録。東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と、島の人々との交流を通して命の尊さを描いており、16年振りの続編が22年12月16日に公開される。

 この日は「Dr.コトー診療所」シリーズで主演を務める吉岡秀隆ほか柴咲コウ、大塚寧々、泉谷しげる、筧利夫、小林薫のドラマ当時からの変わらぬ豪華キャスト陣6名に加え、映画からの参加となる高橋海人(King&Prince、高ははしごだか)と生田絵梨花、ドラマシリーズから監督を務めている中江功監督が登壇した。

 報道陣からさらなる続編の可能性を問われると、「見た方がどう思うかわかりませんが、一応“集大成で完結編”だと思います」と話した中江監督。さらに「僕の中では最初で最後の映画化だと思っています。フジテレビの戦略的に『また連ドラやるんだろ』と思われるかもしれませんが。一切ございませんし、これで最後で、1回締めようと思っています。今後やる気はないです。僕は」と言い切った。

 すると、司会を務めていたフジテレビの軽部真一アナウンサーが「ただフジテレビの場合、昔『海猿』という映画がありまして。ファイナルと言ってその後もどんどん作ったので……」と言い添え、「ただ監督としてはファイナルという気持ちで作られたということでございます」とまとめていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください