朝倉未来の大みそか参戦は消滅か 本人が明言「大晦日は出ません。来年に備えます」

格闘家の朝倉未来が25日、自身のツイッターを更新。参戦をうわさされていた大みそかについて自身の見解を明らかにした。

朝倉未来【写真:山口比佐夫】
朝倉未来【写真:山口比佐夫】

怪我の影響も加味「万全で自分のやりたい時にやらせてもらう」

 格闘家の朝倉未来が25日、自身のツイッターを更新。参戦をうわさされていた大みそかについて自身の見解を明らかにした。

 15日には「格闘技に人生を変えてもらった ありがとう」「もう少しでお別れでさみしくなる」と引退を示唆していた未来が大みそかへの心境を明かしている。

 未来は「先に言っておきますが、大晦日は出ません。頭がまだ痛いのと、準備期間が短すぎるので大事をとって。来年に備えます」とつづっている。

 さらに「無理矢理やらせようとする団体もファンも悪い 俺は万全で自分のやりたい時にやらせてもらう」とリングに上がる思いも続くツイートで記した。

 9月に行われたフロイド・メイウェザー戦後に自身のYouTubeチャンネルを更新した際には「けがなかったら年末に遊んであげてもいい」と平本蓮との対戦も匂わせていた未来。

 23日に行われた「RIZIN.39」でクレベル・コイケがフェザー級王者に輝くと、「RIZIN.28」でクレベルに敗れた未來に対してリベンジを望む声がSNS上で多く上がっていた。

 一連の未来のツイートと同日、米団体「ベラトール」もツイッターを更新。大みそかにはRIZINとの対抗戦を行うことを発表していた。2019年に行われた対抗戦では未来はRIZIN側の大将を務め、ジョン・マカパを撃破していた。

 未来不在の対抗戦となることが濃厚な22年大みそか。今後の動向に注目だ。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください