ニューヨーク、初自伝本の裏側を告白 嶋佐「おもしろくなさすぎて書き直しました」

お笑いコンビ「ニューヨーク」の屋敷裕政と嶋佐和也が22日、都内の福家書店新宿サブナード店で「今更のはじめまして」(ワニブックス)発売記念イベントに登壇。それぞれが自身の人生を振り返った自伝本の執筆の裏側について語った。

イベントに登壇したニューヨークの嶋佐和也(左)と屋敷裕政【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇したニューヨークの嶋佐和也(左)と屋敷裕政【写真:ENCOUNT編集部】

学生時代、芸人生活を赤裸々につづった初の自伝本

 お笑いコンビ「ニューヨーク」の屋敷裕政と嶋佐和也が22日、都内の福家書店新宿サブナード店で「今更のはじめまして」(ワニブックス)発売記念イベントに登壇。それぞれが自身の人生を振り返った自伝本の執筆の裏側について語った。

 田舎での学生時代、東京での浮かれた大学生時代、芸人生活など、当時のことを思い出すことに苦労したという嶋佐は、「インタビュー形式で聞いてもらって、それを文章にしてくださったんですけど、あまりにも面白くなさすぎてヤバいとなって、8~9割くらい書き直しました」と告白。新型コロナウイルスにかかった前日(陽性判定を受ける前)にもインタビューがあったことを明かし、「頭が回っていなくて、横になって目をつぶりながらインタビューを受けました。それが返ってきたら、ぜんぜんおもろなくて……」と笑いを誘った。

 インタビューは別々に行われたため、お互いが何を書いたのか分からないまま発売された本作。お互いの部分の感想を聞かれると、嶋佐は「びっくりしました。芸人になってからのことは、ほぼほぼしゃべっていること一緒でした。逆に面白かったです」とコメントした。

 一方、屋敷は「嶋佐のところは、まだ読んでません。『バトル・ロワイアル』に今ハマっていて、読み返している」とカミングアウト。「自分の出ている番組を見る以上の恥ずかしさがある。でも、エゴサーチすると、どうやら同じことを書いているらしいですね」と笑った。

 取材会の最後に屋敷は「なぜか赤裸々に語ってしまった本で、読まれるのは恥ずかしいんですけど、自分には何もないと思っている人に読んでもらえたら、勇気を与えられるかもしれないと思います」とコメント。嶋佐は「僕の人生を書いた本ですが、とんでもない早さで読み終えます。漫画本くらいの間隔。数多ある自伝本の中でさわやかな、平和な、事件の起きない本なんですけど、それが逆に今までに無かったんじゃないかと思います」と、ヒットを願いメッセージを送った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください