元宝塚月組トップ・珠城りょう、平日に駆け付けたファンに感謝「胸いっぱい」

元宝塚歌劇団の月組トップスター・珠城りょうが19日、都内で自身初のアルバム「Freely」「Shine」の発売記念イベントを行った。珠城は「1年前に宝塚を卒業して、まさか自分がアルバムを発売させていただけるとは夢にも思っていなかった。今この状況が不思議で信じられない気持ちでいっぱいです」とあいさつした。

イベントに出席した珠城りょう【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した珠城りょう【写真:ENCOUNT編集部】

自身初のアルバム「Freely」「Shine」の発売記念イベント

 元宝塚歌劇団の月組トップスター・珠城りょうが19日、都内で自身初のアルバム「Freely」「Shine」の発売記念イベントを行った。珠城は「1年前に宝塚を卒業して、まさか自分がアルバムを発売させていただけるとは夢にも思っていなかった。今この状況が不思議で信じられない気持ちでいっぱいです」とあいさつした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 昨年8月に退団し、女優や歌手として精力的に活動してきた珠城。オリジナルアルバム「Freely」と、“春の歌”や“いのちの理由”など、J-POPの名曲を収録したカバーアルバム「Shine」の2枚を同時にリリースし、アーティストデビューを飾った。珠城は「日ごろ応援してくださっている皆さんとこの時間を共有できて幸せです。お越しいただいている皆さんのお顔を拝見して、胸がいっぱいです」と喜んだ。

 会場では「This Heart & Soul」のMVを上映。撮影時のエピソードを問われると「この曲がかかると、鳥が集まってきて……」と裏話を明かし、「鳥を集める作用があるのかわからないけど、鳥に好かれていて。鳥さんと一緒に暮らしている方がいたら、すごくいい反応を示すかもしれないです」と客席に呼びかけた。

 ライブやコンサートなどを除き、今回が初めてのファンイベント。珠城は「皆さまの前に立てる、出れる機会が卒業してもあるのは本当に幸せ。充実感を感じています」と平日の午後にも関わらず駆けつけたファンに改めて感謝していた。

 珠城は10月4日に34歳の誕生日を迎えたばかり。イベント後半、サプライズで珠城が食べたがっていたというドーナッツケーキが登場すると、「うれしい!」と声を弾ませ、終始笑顔。「自分にとってプラスのエネルギーや感性を授けてくださるばかりとお仕事をさせていただけた実りの多い1年だった。自分自身んがポジティブに発信していくことでそれがいいご縁につながると思うので、前向きに明るく頑張っていきたい」と意気込んでいた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください