菜々緒、雪国ロケで大島優子と“女体”創造 広瀬アリスはシャツ1枚で極寒-15度ロケ

映画「七人の秘書 THE MOVIE」初日舞台あいさつが7日、都内の劇場で行われ、木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、室井滋、江口洋介、田村直己監督も参加。大島優子はリモートでの登壇を果たした。

初日舞台あいさつに登場した菜々緒【写真:ENCOUNT編集部】
初日舞台あいさつに登場した菜々緒【写真:ENCOUNT編集部】

大島優子はリモートで参加

 映画「七人の秘書 THE MOVIE」初日舞台あいさつが7日、都内の劇場で行われ、木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、室井滋、江口洋介、田村直己監督も参加。大島優子はリモートでの登壇を果たした。

 2020年10月~12月にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「七人の秘書」の映画版。7人の秘書で構成される“影の軍団”が人知れず金や権力にまみれた悪人を倒していくストーリーが展開された。

 映画の撮影では極寒ロケも敢行されたが、菜々緒は「私は優子ちゃんとはしゃいで、雪遊びをしていた。本気で遊んでいました」と明かし、「かまくら、雪でおっぱいも作りましたね。女体を作ったり、スベリ台を作ってソリで遊んだり。芸術を、アート作品を作っていました」と遊び尽くした様子。

 大島は「めっちゃ楽しかった!」と振り返りつつも、「みんなが一生懸命働いているのに遊びすぎて悪いな」と後日反省したという。菜々緒は「優子ちゃんは真面目」と笑っていた。

 また、極寒ロケで薄着になったと話す広瀬は「(菜々緒と大島が)女体を作っているとき、私はペラペラの春服のシャツ1枚だった。マイナス15度とかで凍えていたので、2人は元気だなって……。私の生地の薄さを見ていただきたい」と呼びかけていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください