橋本環奈、山本舞香、横田真悠がホラー映画の裏側告白「一緒にお風呂」「環奈が守護神」

女優の橋本環奈、山本舞香、横田真悠が5日、東京都立豊島高等学校で行われた映画「カラダ探し」公開直前イベントに登場。サプライズ登壇で割れんばかりの歓声、拍手に迎えられた3人は、本作を鑑賞したばかりの学生たちからの質問に答え、撮影現場での裏話を披露した。

イベントに登場した山本舞香、橋本環奈、横田真悠(左から)【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した山本舞香、橋本環奈、横田真悠(左から)【写真:ENCOUNT編集部】

都内の高等学校で行われた映画「カラダ探し」公開直前イベントにサプライズ登壇

 女優の橋本環奈、山本舞香、横田真悠が5日、東京都立豊島高等学校で行われた映画「カラダ探し」公開直前イベントに登場。サプライズ登壇で割れんばかりの歓声、拍手に迎えられた3人は、本作を鑑賞したばかりの学生たちからの質問に答え、撮影現場での裏話を披露した。

「ホラーは得意ですか?」という質問には、山本が「北九州に泊まり込みだったんですけど、毎日一緒にお風呂入って、寝る前まで一緒にいたので怖いとかはなかった」と回答。橋本は廃校での撮影を振り返り、「夜は真っ暗だからトイレに行くとき、2人が付いて来てくれて、何回もトイレを行き来した」と笑顔で語り、横田も「怖かったときは舞香さんが一緒に寝てくれた」と告白した。

「最近、ハラハラドキドキしたことは?」と聞かれると、橋本は「あまりびっくりしないタイプで、怖がることもないんです。ドキドキするとか、ハラハラするとかがなくて……、感情がないんですかね」と苦笑。山本は体が重たいと感じて霊感がある人に見てもらったことを明かし、「相思相愛だから、常に私の後ろに環奈が守護神として付いている。悪いのもいたけど、環奈もいるみたいな。ハラハラドキドキというよりはうれしかった。自分の後ろに橋本環奈がいるので」と、仲良しすぎるエピソードで笑いを誘った。

 本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」で人気ナンバー1の携帯小説として話題となり、2014年には「少年ジャンプ+」(集英社)で村瀬克俊による漫画版が連載され、コミックスはシリーズ累計発行部数340万部を突破する大ヒットを記録。世界的大ヒット作の数々を生み出したワーナー・ブラザースが贈る超刺激的ループ型ホラー映画「カラダ探し」は10月14日より全国の劇場で公開される。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください