【舞いあがれ!】福原遥演じる主人公・舞の気になる恋人役 番組Pが語る共演者の魅力

女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じる次期NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(10月3日スタート、毎週月~土曜、午前8時)。制作統括(チーフ・プロデューサー)の熊野律時氏が取材に応じ、福原の魅力や赤楚衛二、高杉真宙、目黒蓮ら共演者の魅力などを語った。物語は東大阪や長崎・五島列島を舞台に、空に憧れる主人公・舞がパイロットになる夢など空への夢を見つけて奮闘する姿を描く。福原は第3週から登場し幼少期の舞を浅田芭路が演じる。

「舞いあがれ!」のポスター【写真:(C)NHK】
「舞いあがれ!」のポスター【写真:(C)NHK】

10月3日スタートの次期朝ドラ 主人公・舞の幼少期は浅田芭路が熱演

 女優・福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じる次期NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(10月3日スタート、毎週月~土曜、午前8時)。制作統括(チーフ・プロデューサー)の熊野律時氏が取材に応じ、福原の魅力や赤楚衛二、高杉真宙、目黒蓮ら共演者の魅力などを語った。物語は東大阪や長崎・五島列島を舞台に、空に憧れる主人公・舞がパイロットになる夢など空への夢を見つけて奮闘する姿を描く。福原は第3週から登場し幼少期の舞を浅田芭路が演じる。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 熊野氏は「舞が、いろんな困難がある中でも空を見上げて進んでいくという成長の物語」と紹介。さらに「生きていく上でつらいこと、大変なことがある中、それを受け止めてポジティブに前に進む力に変えることができるような生き方を、ヒロインを通して伝えたい」と語った。

 舞台の一つは長崎・五島列島。同地を選んだ理由を「ばらもん凧(だこ)という凧が出てきます。凧は向かい風を受けないとそもそも空に上がれません。五島には子どもの健やかな成長を願ってばらもん凧あげる風習があります。まさにこのドラマの目指すテーマとピタリと一致します」と説明した。

 また、福原の魅力についても紹介。「舞は自分が先頭を切ってグイグイと周りを引っ張っていく人ではなく、周りの人のことを感じながらもっと幸せになれることって、どんなことだろうと一緒になって見つけていく人。困難をどうしたら乗り越えていけるだろうと一緒に考えて進むヒロイン。福原さん本人がそういうタイプの方。共演者の方と打ち解けていますし、一緒にこのドラマを楽しく作っていきましょうね、という柔らかい温かさを常に持って現場に入ってくれています」と絶賛した。

 福原の優しさ、温かさが伝わり現場で愛されている。「主役として引っ張るというよりは、福原さんが真ん中にいて、そこに日だまりができる。みんなが一緒にニコニコ楽しくおしゃべりしながらお茶を飲んでいるイメージ。気が付くと本番になっている。それが福原さんの独特な魅力。それが映像としても出ています。今回のヒロイン像を体現してくれています」と語った。

 朝ドラにはヒロインの恋の相手も登場するのが一般的。舞の周囲には、幼なじみの梅津貴司(赤楚衛二)、舞が大学で出会う人力飛行機の設計担当・刈谷博文(高杉真宙)、航空学校で出会う柏木弘明(目黒蓮)がいる。

 熊野氏は恋模様に「言いづらい。楽しみにしていただければ」と明言を避けた。また「とても魅力的な赤楚さん、高杉さん、目黒さん」と語ると「それぞれ舞の空に向かっていく夢について大事なことを教えてくれたり、仲間としてかけがえのない絆が生まれてくるので、舞にとって人生の重要なことを共有する」と語るにとどめた。

 熊野氏は赤楚が演じる梅津について「器用に立ち回れる方ではなく、一般の人に合わせられなくはないが、そこにストレスを感じる繊細な部分もあるキャラクター。それでいて優しい。梅津は舞が一緒にいて居心地がよく、思いを素直に語ることができる相手。赤楚さんは柔らかい笑顔が魅力的。大変なことがあっても、この人といるとほっとできる存在として描きたいので、赤楚さんのまとう優しい空気はピッタリ」と説明した。

 また、高杉の演じる刈谷は「こだわりの飛行機を設計したいという、とんがった部分があり頭もいい。とがり過ぎて周りとぶつかりがちだが、それはピュアで思い入れが強いから。不器用だが熱い思いをもつキャラクターを高杉さんが魅力的に演じてくれている」。

 目黒が演じる柏木には「プライドが高くとっつきにくいが優秀。最初の出会いでは舞には近寄りがたい感じ。でもチームワークがパイロットには大事だと知り、舞たちと一緒にやっていく中で関係性が変わっていく。目黒さんは無愛想でクールな雰囲気から、仲間との絆ができていく変化を、とてもチャーミングに表現してくれている。目黒さんのもつ魅力が柏木という人物からにじみ出ている」と語った。

 一方、熊野氏は、舞の子ども時代を演じる浅田についても紹介。オーディションで219人から選ばれた。子ども時代の舞は明るく元気だけでなく、人の気持ちを敏感に分かってしまうため自分の思いを言えない女の子。だが、それが徐々に変わっていく難役だ。

 熊野氏は「最初に抱える生きづらさと明るさを行ったり来たりしながら成長して変わっていく。幼少期としては高度なことを表現することになります。陰と陽の両面をきちんと表現できる人を探す中、浅田さんは抜群のチャーミングな笑顔を持ち、自分の思いを言い出せない陰の部分もきちんと表現できると強く思いました」と説明した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください