船越英一郎、名取裕子らレジェンド俳優が夢の競演 テレ東新ドラマ「警視庁考察一課」

秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ「警視庁考察一課」(毎週月曜、午後11時6分)が10月17日から、テレビ東京系10月クールの連続ドラマとして放送されることが決定した。併せて、出演者が解禁となった。

警視庁考察一課に出演する個性派の名優たち
警視庁考察一課に出演する個性派の名優たち

秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ

 秋元康氏が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ「警視庁考察一課」(毎週月曜、午後11時6分)が10月17日から、テレビ東京系10月クールの連続ドラマとして放送されることが決定した。併せて、出演者が解禁となった。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 本作は、“事件の考察”を専門とした部署「警視庁考察一課」を舞台に繰り広げられるベテラン刑事たちの考察劇。訳アリ刑事ばかりが集められる「警視庁考察一課」には、難事件の考察依頼が舞い込み、被害者は誰に殺されたのか? なぜ殺されたのか? 個性豊かなクセの強いベテラン刑事たちの考察が時にぶつかり、時に二転三転していく新たな刑事ドラマだ。

 元捜査一課で数々の難事件を「崖」で解決してきた、考察一課長・船越慶一郎役を、多くの刑事役を演じて“サスペンスドラマの帝王”などの異名を持ち、ドラマだけでなく、MCなど幅広く活躍する船越英一郎が演じる。元敏腕刑事で「湯けむりの山村」と呼ばれる考察官・山村楓役には、サスペンスドラマに多く出演し“2時間ドラマの裏女王”と呼ばれ、コメディーからシリアスまで演じる山村紅葉。

 ネットを駆使した情報収集に長け、猟奇的な犯罪が大好物の考察官・西村まさ雄役には、「古畑任三郎」(フジテレビ)の今泉刑事で人気を博し、映画やドラマで名バイプレイヤーとして活躍する西村まさ彦。元マル暴であり元鑑識という異色の経歴を持つ、サブカルチャー&死体好きの考察官・高島誠子役には、映画・ドラマなどで幅広く活躍する高島礼子。

 考察一課で随一の勘の良さを誇り、テレビのコメンテーターも務める考察官・名取悠役には、多くのサスペンスドラマに出演し、映画や舞台でも活躍をみせる名取裕子。京都好きの元捜査一課刑事で、時刻表トリックを網羅する考察官・内藤昌志役には、先日最終回を迎えた「警視庁強行犯係 樋口顕 Season2」(テレビ東京)の主演を務め、10月からは「科捜研の女 2022」(テレビ朝日)など数々の話題作に出演する内藤剛志。

 企画・原作を手がける秋元氏は、「2019年に『あなたの番です』というミステリードラマを企画した時に、所謂、“考察ブーム”が生まれました。ドラマを見た視聴者のみなさんが、ドラマの登場人物のセリフや行動、背景に映っていたものなどをヒントに、“犯人は誰か?”を考察し合い、ネット上で論陣が張られたのです。その鋭い考察に、僕たち、制作スタッフは驚きました」と本作が生まれたきっかけを明かした。

 続けて、「もし、警察の中に、実際に『考察課』なる部署があったら、どういう捜査員たちが、どんな風に事件を考察するのだろう? と考えたところから、企画しました。しかも、その『考察課』に、かつて2時間ドラマで活躍したすご腕の刑事たちが集結していたとしたら? 個性派の名優たちが一堂に会した新感覚刑事ドラマをお楽しみください」とアピールした。

 出演者のコメント全文は以下の通り。

○船越英一郎
「流行を文化にまで昇華させる稀代の創造主、秋元康氏によってもたらされた考察ブーム。視聴者の皆様のその考察魂に2時間ドラマアベンジャーズが挑みます。しかもコメディー! 共演者はかつて数多くのサスペンスドラマを共に創り続けた戦友、盟友ばかり。セルフパロディーに挑める幸せをかみ締めつつ、皆様との考察バトルを大いに楽しみたいと思っております。是非ご覧下さい」

○山村紅葉
「『えー! 私でいいの? アッ! 何かのドッキリ番組に違いない』 お話をいただいて他の主演のお名前をうかがった時は驚き、ドッキリ番組だと思ってキョロキョロカメラを探しました。だって他の5人の方は連ドラ・2時間サスペンス・映画・舞台などで主演を務め、数々の賞を授賞されている錚々(そうそう)たるメンバーなのに私ったら……。でも、皆様何度となく共演させていただいていますが、役づくりの熱心さなど“さすが!”と敬服致しますし、気さくで現場を明るくしてくださる方ばかりなので撮影がとても楽しみです。脚本を読ませていただき、“素の山村紅葉”のキャラクターにかなり近いので楽しんで演じさせていただきたいと存じます」

○西村まさ彦
「まずは同世代の方に楽しんでもらえると嬉しいです。そして、もちろん先輩方にもご覧いただきたい。私を含め、同世代から上の世代の先輩方は刑事ドラマに親しまれている方も多いと思います。普通の刑事ドラマとは少し違った切り口になるということで、その部分でも楽しんでいただけるのではないでしょうか。もちろん若い世代の視聴者の皆様にも、会話劇ならではのおかしみが届けばなお嬉しいです。と、結局は広く見ていただきたいということになるのですが……。ご覧になる皆様に喜んでいただけるよう、精一杯努めさせていただきます」

○高島礼子
「とっても楽しみです。今まで経験のない、本当にこの内容で演じるのかと、脚本を読ませていただいた時は驚きと期待でワクワクしました。船越さん皆さん、過去に何回も共演していてどの作品にも全力で望まれるので、今まで以上にきっと気合いを入れて来られるかと私も力が入ります。実は、名取さんとは初共演で以前から映画とかたくさん見ていて憧れの先輩なので緊張もありますが楽しみです。まさかの、本名に限りなく近い役名で呼ばれると素になってしまうような気がします。が、こんなドラマ演(や)ってみたかったです。これまで刑事ドラマを楽しみに見てこられた方は、メンバー、そしてドラマの展開にとても驚かれると思います。楽しみにしていてください」

○名取裕子
「テレ東ならではの企画だな! と思いました。『あの人は今』にならないよう、新しい『高齢アイドル』を目指して楽しみたいです! まだ今回皆さんとお会いしていないので、皆さんどんな熟した大人になっているか楽しみです。役名が芸名に似ていて、今まで演じてきた“役”のパロディーですが、私自身とはかなり違うので戸惑っています。“役”の中に新たな発見がありますように! 見てもらえれば、絶対クスッと笑えて癒やされる楽しいドラマになると思います。若い方や、過去のドラマを観たことのない方にも昭和の魅力を知ってもらえたら嬉しいです」

○内藤剛志
「荒っぽい表現で申し訳ありません。この企画のお誘いをいただいた時、頭にひらめいた言葉は『やばい、俺、楽しすぎる!!』でした。裕子ちゃんを新撰組隊士の目で見つめ、礼子ちゃんとは大志を抱いて海を渡り、紅葉さんと京都で対決した時、彼女は悩める女性の家の代表で、西村君とは江戸の時代から、時には兄弟、時には敵味方で、船越君とは各地を走りまわり、たくさんの事件を一緒に解決してきました。大切な俳優仲間であり、僕は彼らの大ファンです。なんと豪華なキャスティング。他では絶対に見られない共演を砂かぶりで見ることができる。いや僕もその土俵に上がらせてもらえるらしい。秋元さん、お声をかけていただき本当にありがとうございます。もう一度だけ言わせてください『やばい、俺、楽しすぎる!!』」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください